grape [グレイプ]

目の周りが真っ黒!? 黒柳徹子のコスプレ姿に「とうとうやったか」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2017年6月12日、上野動物公園に誕生したジャイアントパンダのシャンシャン。12月19日からは、一般公開が始まっています。

パンダ旋風が巻き起こる中、新潮社はファッション雑誌『CanCam』で特集を組みました。

12月21日に発売された『CanCam』の2018年2月号は、16ページもパンダ尽くし!本物のパンダの写真は、もちろん可愛らしいのですが、彼女のコスプレ姿も必見です。

パンダコスが似合う女性No.1?

黒柳徹子さんは、『日本パンダ保護協会』の名誉会長を務めるほど、パンダ愛が深いことで有名。特集では、そんな徹子さんが解説を担当しています。

徹子さんの解説に、多くの人が心をつかまれます。しかし、目がクギ付けになってしまうのは、ある1枚の写真でしょう。

徹子さんのメイクアップした姿です!

「いつものタマネギヘアじゃない…垂れ目な『パンダ徹子』だとッ!?」

頭にポンポンを乗せて、パンダの丸い耳を再現。そして白黒の衣装に身を包み、パンダのイアリングを付けています。

『CanCam.jp』によれば、メイクアップの時、徹子さんは次のようなこだわりを見せていたそうです。

「目の周りのタレ加減とか耳の形など、“正しくてかわいいパンダ”になるように考えるととても難しい」

CanCam.jp ーより引用

ただ可愛いだけでは納得せず、正しさも追及するとは、さすが徹子さんです!

徹子さんがInstagramに写真を投稿したところ、「とうとうご自身がパンダに…可愛い!」「お似合いです!」「徹子さんキュート!」などの絶賛するコメントが寄せられました。

徹子さんの、新たな可愛らしさが開花していますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
tetsukokuroyanagiCanCam.jp

Share Tweet LINE コメント

page
top