grape [グレイプ]

メイクをする理由って何? 7都市で調査したら、驚きの結果が出た!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

多くの女性が、外出の際にしている『メイク』。

身だしなみとしてメイクをする人もいれば、理想の自分に近付けるためにメイクをする人もいるでしょう。

都市ごとに異なる『メイクへの意識』

カネボウ化粧品が、東アジアを中心とした7都市で『女性のライフスタイル調査』を実施しました。

調査対象は、東京(日本)、北京(中国)、上海(中国)、台北(台湾)、バンコク(タイ)、ソウル(韓国)、ニューヨーク(アメリカ)に住む18~34歳の女性、計1219名です。

女性のメイクに関する意識についての調査結果は、こちらの通り。

メイクにかける時間・使用する道具や化粧品の数

7都市でもっともメイクに時間をかけ、また使用する道具や化粧品の数が多いのが、ソウル。完ぺきな美を求める女性が多いのだそうです。

ちなみに東京の女性は、使用する道具や化粧品の数は多いものの、かける時間は7都市でもっとも少ないという結果が出ました。

もっともメイクに力を入れるタイミング

もっともメイクに力を入れるタイミングも、都市によってさまざま。

バンコクと北京は『仕事に行く時』であるのに対し、ソウルは『デートの時』が1番でした。

東京の女性は『同性の友人と遊びに行く時』を挙げる人がほかの都市より多いという、興味深い結果も出ています。

ほかの都市と比べ、日本人は異性より同性の目を意識する傾向があるのでしょうか。

メイクをする理由

メイクをする理由として、ソウル以外の都市で1番多かったのは「身だしなみ」のためでした。

ソウルの女性は「身だしなみ」よりも、「欠点カバー」や「自己表現」のためにメイクをしている人が多いようです。

東京の女性は「おしゃれを楽しむ」ため、ニューヨークの女性は「女性であることを楽しむ」ためにもメイクをしているという調査結果が出ました。

各都市の女性像イメージ

調査結果を元に、カネボウ化粧品が『各都市の女性像』や『特徴あるメイク』の一例を示したものをご紹介します。

なお、このイメージはあくまでも一例であり、各都市の女性を「このイメージ通りだ」と断定するものではありません。

あなたはどの女性像に1番共感しましたか?人それぞれ、違った意見が出てきそうです。

都市ごとに異なる環境や価値観の違いが、メイクにも影響をもたらしているのかも…と考えると、なかなか興味深いですね!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top