grape [グレイプ] trend

公共のトイレで違和感! 鍵のレバーが大きい『理由』に「有能」「助かる」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

外出した際に、利用する機会が多い公共のトイレ。

スマートフォン(以下、スマホ)や傘などを、うっかり忘れた苦い記憶がある人は少なくありません。

これでもう安心?忘れ物がグッと減りそうなトイレ

漫画原作者の星野茂樹(@KowashiyaGEN)さんは、サービスエリアを利用した際に、トイレに入りました。

鍵をかけると、なぜかレバー部分が異様に大きくて…。

通常のレバーと形状が異なっていた理由がこちら!

鍵と小物置き場が一体化!

設置されていたのは、個室トイレの打掛錠と、小物置きトレイを一体化した『忘れ物防止トレイ』でした。

東日本高速道路株式会社と、株式会社ベストが共同開発したアイディアの結晶です。

多くの人の利用を想定し、トレイ部分は抗菌仕様となっているとか。

便座に座った後、スマホや財布などを目の前のトレイに置くことが可能。

これなら、鍵を開ける際に絶対に目に入るので、忘れて出ることはなくなりそうですね。

初めて見た人たちからは驚く声が上がっています。

・デザインセンスが光っていますね!

・プロってすごい。天才だなと思いました。

・有能。サービスエリア以外にも普及してほしい。

・傘の置き場に悩むことが多いから助かる。

また、「北海道では何年も前からありました!全国に広まったのかな?」という声も。

その便利さから、徐々に全国のトイレに広まっているようです。

トイレ設備の充実は嬉しいものですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@KowashiyaGEN

Share Tweet LINE コメント

page
top