grape [グレイプ] trend

開店するマックに、バーガーキングがメッセージ 縦読みに「怖ーッ!」「やるねえ~!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2022年3月下旬、東京都千代田区の秋葉原に掲示された、ある店舗の貼り紙が話題を呼んでいます。

ツルミロボ(@kaztsu)さんが撮影し、Twitterに投稿したところ、真相を知った人からは驚く声が続出。

話題の貼り紙は、ファストフード店『マクドナルド』の、同年4月に開店するマクドナルド昭和通り店が関係していました。

2020年1月に閉店した、マクドナルド昭和通り店。しかし今回、以前よりも広い規模で、同じ場所にリニューアルオープンすることになったのです。

同店舗が開店準備を進める中、近隣にあるファストフード店『バーガーキング』はこのような貼り紙を掲示していました。

貼り紙には、「私たちの価値」というキャッチコピーとともに、ハンバーガーのアピールポイントがつづられています。

しかし、この貼り紙をよく見ると文字が詰まっていて、改行の位置が不自然な気がしますよね。

その理由は…各行の一番右側の文字を縦に読んでみると分かるはずです。なぜなら、こんなメッセージが隠されているのですから…。

店のデカさよりだいじなこと。

マクドナルドとバーガーキングの『プロレス』の経緯

先述したように、2020年1月にマクドナルド昭和通り店は閉店し、22年の歴史に幕を下ろしました。

その際、2軒隣に位置するバーガーキング秋葉原昭和通り店は、縦読みをすると「私たちの勝ち」というメッセージが出てくる貼り紙を掲示していたのです!

同じファストフード店としてのライバル意識を感じる、貼り紙を使った勝利宣言。

今回の「私たちの価値」というキャッチコピーは、以前の「私たちの勝ち」という勝利宣言をもじったものでしょう。

そして2022年…一度はリングから降りたマクドナルドが、強くなってリベンジマッチを挑む熱い展開になったのです!

『プロレス』といえる2店舗のパフォーマンスは、またたく間に拡散され、多くの人から反響が上がりました。

・こういうの、センスがあって好き。まさにプロレス。

・こ、怖ーッ!でも、見事な伏線の回収だわ…。

・やるねえ~!マックとバーガーキングはアメリカでもバトルしてるもんね。

いいものを作り、提供するには、ライバルと競い合うことも時には重要。

新しいラウンドが始まるゴングが鳴り響いた今、マクドナルドとバーガーキングはお互いに高め合っていくのでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
@kaztsuツルミロボBlog

Share Tweet LINE コメント

page
top