grape [グレイプ] trend

昭和初期の『タイル見本室』が取り壊しに 最後に見に行くと? 「息を呑んだ」「次の世代に繋ぎたい」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

愛知県常滑(とこなめ)市に、江戸時代よりタイル製造を手掛けてきた『東窯工業』という会社がありました。

その敷地内にあった、かつてのタイル製品の見本室が、老朽化に伴い解体されることになったそうです。

「建物に残された、貴重なタイルを残そう」という声が高まり、現在、有志がクラウドファンディングを立ち上げ、保存に向けた取り組みを進めています。

有志の1人であるmayumama(@ma_yumama)さんは、貴重なタイルを見納めするために、建物を来訪。

撮影した写真をTwitterに投稿したところ、反響を呼びました。

これらのタイルの多くが、大正から昭和初期の時代にかけて作られたそうです。

現代では見られないデザインや職人の技巧に、驚かされますね。

100年近くも前のタイルのショールームが、いい保存状態で残っていたことは、奇跡といってもいいかもしれません。

投稿を見た人たちからは、感嘆のコメントが寄せられました。

・なんて美しい!この遺産が次の時代に繋がりますように…。

・圧巻ですね。これがなくなることが、非常に惜しい気がします。

・レトロなのに、新しさも感じる。美しいものは時が経っても色あせないのですね。

クラウドファンディングは、2022年6月13日時点で、目標額を達成。集まった資金を活用して、取り壊し作業では多くのタイルを壊さずに取り外し、緊急的に避難させることができました。

さらに、建物からかつての製作道具、試作品、図面なども発掘することができたそうです。

クラウドファンディングの第2弾も計画中とのこと。美しいタイルを、再び多くの人に見てもらえるようになるといいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@ma_yumama

Share Tweet LINE コメント

page
top