grape [グレイプ] entertainment

女性と夜道を歩いていたくまだまさし 起きたことに「悲しくなる」「怖い」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

電車内や路上、店内…人はいつどこで、事件や事故に巻き込まれるかが分かりません。

日頃、そうしたニュースを目にしても、「自分は大丈夫」とどこか他人事にとらえてしまいがちです。

通り魔に遭遇したくまだまさし

2022年10月3日、お笑いタレントの、くまだまさしさんは通り魔に遭遇した時のことをTwitterでつづりました。

25年前、一緒にいた女性の前を歩く形で、夜道を2人で移動していた時のこと。前から自転車に乗る人がやって来ました。

すると、自転車に乗っていた人は、くまださんの横を通り過ぎた瞬間に女性を殴ったそうです。

女性はうずくまりましたが、大きなケガにはいたらなかったとのこと。

この出来事をきっかけにくまださんは、女性の1歩後ろを歩くように心がけているといいます。

また、「守れない時もあるかもしれませんが、そうした危険が起きる可能性を頭の中に叩き込んでます」とも明かしました。

くまださんのエピソードに対し、さまざまな反応が上がっています。

・自分の身は自分で守りたいところですが、絶対にそうできるとも限らないのが悲しく、難しいですよね。

・ショッキングな出来事…。自分も大切な人を守れるようにしたい。

・子供がよく持つ『防犯ブザー』は、大人も持ち歩いていたほうがいいな。

残念ながら、他人に危害を加えようとする人が少なくない世の中。

場合によっては、自分だけでなく家族など、多くの人が傷付き、悲しんでしまうことに。

誰もが傷付け合おうとしない社会になることを願いながら、自分にできることは何かを、考えたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@kumadamasashi

Share Tweet LINE コメント

page
top