grape [グレイプ] trend

大切な日に限って…! 不具合で誕生した『幻の楽譜』に「面白すぎる」「試されていますね!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

映画やテレビドラマなどに流れる音楽『劇伴』の作曲家で、多方面で活躍している、戸田信子(@NobukoToda)さん。

ある日、レコーディングのため楽譜作成ソフトウェアを操作している最中に、驚きの不具合が発生したといいます。

どう演奏したらいいのか、戸惑わざるを得ない状態になった楽譜がこちら!

音階の「ドレミファソラシド」の、「ソ」の音の位置を示す『ト音記号』だらけ…!

通常であれば、『ト音記号』は5線の先頭に配置され、かつ中心が下から2番目の線上にあります。

※画像はイメージ

しかし、楽譜作成ソフトウェアの不具合で、その『ト音記号』が大暴れ。

音の位置を示すだけの日々に嫌気が差したかのように、音符に成り代わって5線を埋め尽くしたのです。

まさかの『ト音記号』の反乱がツボにはまった人は多く、大きな反響が上がりました。

・楽譜作成のソフトウェアに、試されていますね!

・やる気にあふれていて面白すぎる。

・楽しそうに譜面を駆け回って…なんて躍動感のある『ト音記号』なんだ。

・このありえない譜面デザイン、好きだな。もはや一種の現代アートじゃん。

その後、『ト音記号』の暴走は収束し、レコーディングは無事に終了したそうです。

幻の楽譜は、楽曲を彩る貴重なエピソードの1つになった…といえるかもしれません!

なお、戸田さんが画像をTwitterに投稿してから、混沌を極めた楽譜をなんとか読もうと挑戦する、プロの演奏家が続出したとのこと。

困難な楽譜であろうと、そこに存在するのなら応えようとする、プロ意識に感服しますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@NobukoToda

Share Tweet LINE コメント

page
top