grape [グレイプ]

「なんだこの歌詞…」とある進学校の応援歌がぶっ飛んでると話題に!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

この学校、応援歌がヤバイ…。

その言葉とともに、とある県立高校の応援歌が話題になっています。

新潟県立新潟高等学校の応援歌

話題になっているのは、新潟一の進学校である、新潟高等学校。

19488_02

出典:YouTube

ま~すらお~の たばさ~む しょうやの~

歌詞も聴く限り1番、2番と全く普通の曲ですが…。

3番に突入した途端、歌詞がとんでもないことに!

あ~お~や~ま あおや~ま あおやま~ あ~おや~ま あおや~ま あおやま~ あ~おやま~ あおや~ま~ あ~おやま~

!?

今まで普通の歌詞だったのに、突然の『青山』連呼!一体なぜ、このような歌詞に…!?

連呼される『青山』の謎

「なぜこうも『青山』が連呼されるのか…?」疑問を呼んだこの歌詞。インターネット上で色々な説が出ていたので、まとめてみました。

青山は地名なのでは説

学校のある地名が歌詞に入っているのは、よくあること。確かに新潟県には青山という場所が存在します。

しかしこの学校、1892年に創立した時から中央区の関屋下川原町にあるのです。つまり、これはなさそうですね。

『洋服の青山』の宣伝説

「実はこの学校『洋服の青山』に関係しているのでは…?」という説。まったく関係ありません。

古い言葉からきているのでは?説

古い言葉で『人間到る処青山有り』というものがあります。

19488_01

世の中は広いから、死んでも骨を埋める場所はどこにでもある。
だからいろいろな場所へ飛び出し、大望を成し遂げて大いに活躍するべきだ。

という意味らしいです。「学生たちよ、後悔することなく精一杯生きよ!」ということでしょうか。

実際のところなにが正解なのかはわかりませんが、有力なのは『古い言葉説』でしょうか。そう考えると、あの歌詞もかっこよく思えてくる…かもしれません。

出典
新潟高校青陵祭丈夫_wmv.mp4

Share Tweet LINE コメント

page
top