grape [グレイプ]

時に現実は映画を超える! サメに襲われ片腕を失った女の子 世界大会で三位に!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

13歳の頃サーフィンの練習中にサメに襲われ、左腕から下を噛み砕かれたベサミー・ハミルトン選手。全身の血液の60%を失う大けがを負った彼女は、左腕を切断することになってしまったのです。

しかし彼女は、片腕を失ってなおプロサーファーへの夢を諦めませんでした。トラウマにも負けず、事故からわずか一ヶ月で練習を再開。その後、多くの大会で活躍しました。

また、2011年には彼女の人生を描いた映画『ソウル・サーファー』が制作され、多くの人に感動を与えました。

そんなハミルトン選手が、2016年5月に行われた世界中のサーファーが集う『ワールド・サーフリーグ』のフィジー女子プロで、3位に入賞する快挙を果たしました。

21453_02

出典:YouTube

元々は、特別参加枠での出場だったハミルトン選手。しかし世界ランク1位のタイラー・ライト選手を筆頭に優勝候補を次々と破り、見事3位に輝いたのです。

上位入賞は難しいのではないか…

世間でそう言われていても、努力と才能で彼女はまたもや奇跡を起こしました。

「片腕をなくしても、私は決してあきらめなかった。
世界中の人たちに、夢をあきらめないでと伝えたい」

そう笑顔でコメントする、ハミルトン選手。準決勝での勇姿は、下の動画で見ることができます。ハミルトン選手、これからも頑張ってください!

出典
映画『ソウル・サーファー』予告編映画『ソウル・サーファー』予告編2016 Fiji Women's Pro: Semifinal 1 Video

Share Tweet LINE コメント

page
top