grape [グレイプ]

5万株のラベンダーがつくる絶景 壮大な紫のじゅうたんに心が癒される♡

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

夏になると満開になるラベンダー。そのラベンダーに囲まれるスポットが都心から2時間程度の場所にあることをご存知ですか?

この写真は、群馬県沼田市にある『たんばらラベンダーパーク』のラベンダー畑のものです。鮮やかな紫一色に染められた圧巻の景色。7月〜8月にかけて見頃を向かえるとの情報を聞きつけ、その美しさをこの目で確かめるべく、早速、取材班は群馬県沼田市を訪れました。

一面に広がるラベンダー畑

たんばらラベンダーパークは標高1,300メートルの玉原高原にあります。東京が35℃のときに、ラベンダーパークでは24℃。車から出ると、優しく吹くそよ風が迎えてくれました。ぐっと涼しくて気持ちいい♪

21786_41

早速お目当てのラベンダーが敷き詰められたエリアへ。取材時はまだ咲き始めでしたが、満開になると一面が深い紫色になります。まさに紫色のカーペットと呼ぶにふさわしく、まるで異国に来たかのよう。非日常の絶景が広がっています。

21786_40

※満開時の写真

ベンチに寄りかかると、ラベンダーの爽快な香りが、ほのかに漂ってきます。木陰に座れば、涼やかな風がさらに感じられ、その心地良さに、日々のストレスがスーッとひいていく感じがします。

ラベンダーは古代から、ストレスや不安感を抑えると言われてきました。現代でも、安眠を促すアロマオイルとして使われています。その香りに促され、ベンチでうとうとしてしまいました。

21786_04

ラベンダーパークに植えられているラベンダーの数は、なんと5万株。関東最大規模なんです!

21786_41

見ごろは7月から8月にかけて。オフィシャルサイトでは随時開花状況を案内しているので、確認してから行くといいですよ。

ラベンダーの他にも癒しがたくさん

ラベンダーパークの付近には、まだまだ癒しスポットがあるんです。

吹割の滝

取材班が次に向かったのは、吹割の滝。国の天然記念物に指定されているこの滝は、東洋のナイアガラとも呼ばれています。

21786_06

迫力のある水しぶきが上がり、すがすがしい気分に。水の音を聞きながら、マイナスイオンを浴びて、リラックス効果抜群♪

望郷の湯

心が癒されたとはいえ、少し体を休めたい気分になったら、帰り際に望郷の湯に寄ることをお勧めします。

21786_08

高原を眺めながら入る露天風呂は、何とも言えない気持ちよさ♪ 刺激少なめのアルカリ性単純温泉は、肌にもいいそうですよ。「癒しの日帰り旅」にはもってこいの締めくくりとなりました。

いかがでしたか?この夏、都心から遠くない避暑地で癒されたい方。ラベンダーパークの日帰りの旅をおすすめします!

たんばらラベンダーパーク
6月25日(土) ~ 9月4日(日)
関越自動車道沼田ICから車で30分
開花状況はこちらから

Share Tweet LINE

page
top