grape [グレイプ]

宮崎駿 再び長編に着手 人工知能が作った映像には「生命に対する侮辱」と怒り

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

提供:産経新聞社

2016年11月14日にNHKで放送された『NHKスペシャル「終わらない人 宮﨑駿」』。監督の内面に迫ったこの番組が大きな話題となっています。

世界中のファンから惜しまれる中、3年前に引退を発表した宮﨑駿監督。しかし、それは創作への意欲が衰えたからではなく、自身の年齢のことを考えての行動でした。

長編を立ち上げるのは生やさしいものではない、今から立ち上げて5年かかるとして出来上がる頃には80歳。

この話おもしろいからやってみようとか、やってみたかったからとかでやっちゃいけない。

何かあった時に周囲に迷惑をかける事になる。

と語る監督。そして、ごく少数のスタッフとともに短編アニメーション『毛虫のボロ』の制作にかかります。

今回の作品では新たな挑戦に挑みます。それは、これまで紙と鉛筆でのアニメーション制作にこだわってきた監督が、75歳にして初めて本格的なCG映画を制作すること。

自身が描いたボロのキャラクターがパソコンの画面の中で、動く様子を楽しそうに見つめる監督。しかし、作業をすすめるうちに慣れないCGに悪戦苦闘するように。

しかし、苦労しながらも納得の行く作品を生み出した監督。その顔には笑顔が浮かんでいました。

宮崎駿が、どうしても認めることができなかった映像

出典
NHKスペシャル『終わらない人 宮﨑駿』

Share Tweet LINE コメント

page
top