grape [グレイプ]

口をテープで巻かれ山に捨てられていたピットブル 懸命に生きるこの子を助けて

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:mainebluedog

つぶらな瞳で愛嬌たっぷりのピットブル、ブルー。今では元気いっぱいに野山を駆け回るブルーは、2015年に山の中に捨てられていたところを見回りをしていた警備の人に発見されました。当時、ブルーはまだ生後5~6ケ月の子犬で、なんと口をテープできつく巻かれていたのです。

写真を見ただけでもその傷のひどさがわかります。ブルーを発見した人はすぐに彼を保護しました。そしてブルーはその後、優しい里親に引き取られました。

新しい家族の元で穏やかに暮らし始めたものの、テープのせいで彼は口の周りの皮膚と組織に大きな損傷を負ったため、手術を何度も受けなくてはなりませんでした。

しかし、そんな過酷な運命を乗り越えて、ブルーは里親からたっぷりの愛情を受けて毎日を楽しく暮らしています。

Lap dog #dogsofmaine #dogsofinstagram #maine #rescuedismyfavoritebreed #adoptdontshop #maine

A photo posted by Blue (@mainebluedog) on

もうすっかり元気に見えるブルーですが、最近になって肘の関節に病気が見つかりました。そのためまた手術が必要になったのです。

手術には多額の費用がかかります。そのためブルーの飼い主さんのために、寄付金サイトが設立されました。

2017年1月18日現在、目標金額の5千ドルまでまだ半分にも達していないということです。

人間による虐待で体と心に深い傷を負ったにもかかわらず、ブルーは私たち人間を許し、心を開いて、毎日を精一杯生きています。彼がこれからも元気いっぱい走り回れるように…寄付したいという方はぜひ下記のサイトをごらんになってみてくださいね。


[文/grape編集部]

出典
mainebluedogHelp Blue get back on his feet!

Share Tweet LINE コメント

page
top