オリジナルのキーのまま歌う 70歳になる小田和正のこだわりに感服

提供:産経新聞社

歌手の小田和正さんが2017年3月15日にNHKで放送された朝の情報番組『おはよう日本』のインタビューに出演。

歌い手としての、自身のこだわりについて語りました。

2017年で70歳を迎える小田さん

小田さんは2017年9月に70歳の誕生日を迎えます。

年を重ねるごとに高い声は出なくなっていくもの。70歳を間近に迎えてハイトーンボイスが衰えていないのは、本当に驚くべきことです。

インタビュアーのアナウンサーからは「アーティストの方は年を重ねるにつれてキーを下げて歌ったりされる方が多いですよね」と質問されると、小田さんはこのように返答しています。

オリジナルに近い感じでファンの方は聞きたいわけだから、その期待は裏切りたくない。

キーを下げなきゃ歌えなくなったら、潔く身を引くのがいいなってぼんやり思っているんだけど。

おはよう日本 ーより引用

確かにファンとしても「原曲のキーで聞きたい」という想いも少なからずあります。ですが、小田さん自身がそこまでオリジナルのキーにこだわっていたとは…

しかも、ただでさえ小田さんの歌はキーが高い曲が多くあります。

そして、キーを下げる時=引退する時という覚悟を、うっすらとはいえ持っているということにとても驚かされます。

小田さんがファン想いな理由 彼を変えたファンの声

出典
@ODACHFECおはよう日本

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop