grape [グレイプ]

見つめ合うと増えるホルモン『オキシトシン』 あの人がもっと好きに

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

13503_02

日本の科学者チームが、犬と人間との絆をより深めるホルモンの増加方法を突き止めてくれました。

一体どんなホルモンを増加してくれるのか…それは「オキシトシン」というホルモン。

オキシトシンは、脳の視床下部で作られ下垂体後葉から分泌されるホルモンの一種です。オキシトシンが分泌されると気分を安定させたり、人に対する信頼感や幸福感をもたらしてくれます。社会的な人間関係を築くのに重要な働きですよね。

このホルモンは犬にも効果があるとみられており、飼い主との親和性を強化したり、一緒に暮らしている犬同士も仲良くする効果があるのだとか。

どうやったら分泌できるの?

これが意外と簡単で、お互い見つめ合うことで「オキシトシン」の分泌を促してくるのだそうです。

飼い主も犬もオキシトシンが増加するので、お互い今まで以上に離れられない絆ができそうです。

多様な犬種、年齢にも効果があるそうなので、長く見つめ合ってより絆を深めてくださいね。

13503_01

もちろん人間関係にも効果的!

オキシトシンが分泌されるとストレス解消やリラックス効果、親近感や信頼感を増してくれるのは人間同士でも一緒。

ということは、オキシトシンをたくさん分泌させることができれば、パートナーや家族との関係も今まで以上に向上させることができるということですね。

これは利用しない手はない!ということでオキシトシンを分泌する方法をご紹介します。

・他者にふれる
やさしく、さするようにオリーブオイルなどでマッサージをしてもらうベビーマッサージも親子の絆を深めるという意味がありますね。

・ペットなど動物を優しく、愛しくなでる
優しくなでると人間からもペットからもオキシトシンの血中濃度が高くなります。

・感動する
「きれい!」「かわいい!」「素敵!」など感じて、言葉にする。

・好奇心を持つ
新しいことに挑戦する、興味を持つ、恋をする、おしゃれをすることは神経伝達物質を刺激します。

・神経伝達物質を分泌
βエンドルフィン、ドーパミン、セロトニンなど精神安定、快い気持にさせる脳内伝達物質を分泌することにより、オキシトシンの作用が持続されます。

・アミノ酸組成の良い食材を摂る
ホルモンや神経伝達物質の前駆体となるアミノ酸バランスよい食事をすることも大切です。

また、アミノ酸をより効果的に作用させるためには、ビタミン、ミネラルなどを摂取することが大切です。たとえば、タンパク質の一種であるコラーゲンの合成には、カルシウムやビタミンCが欠かせません。

ショクライフーより引用

人に撫でられたりすると安心するのは、このホルモンの効果だったのかも?

絆やホルモンの分泌は目には見えませんが、犬をたくさん撫でて見つめ合っていたら、傍から見ても仲の良さが伝わってきそうですね。

出典
ショクライフ wikipedia

Share Tweet LINE コメント

page
top