grape [グレイプ]

一発屋のジョイマン高木の持論 月収が激減しても「幸せはずっと右肩上がり」

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2018年2月17日に放送された、バラエティ番組『俺の持論』(テレビ朝日系)に、お笑いコンビ・ジョイマンの高木晋哉さんが出演。

どん底人生で気付いた『幸福論』を展開しました。

200万円から5万円に

高木さんは、2008年にラップネタでブレイク。当時の最高月収は200万円もあったそうです。

しかし、3年が経ち徐々に存在を忘れられていくと…。

お笑いブームが終わり、世間から忘れられ仕事も減り、僕たちはいわゆる『一発屋』といわれるようになってしまいました。

その後の状況が…3年後こうなりました。

最低月収5万円。

俺の持論 ーより引用

なんと、月に200万円もあった収入が、わずか3年で5万円に減ってしまったのです!

妻と6歳の子どもがいる高木さんは、ブレイクした時の貯金を切り崩しながら生活。

現在は盛り返してきて、月に13万円ほど稼げるようになったそうです。

しかし、悲しい現実を語りながらも、高木さんは「幸せはずっと右肩上がり」だと話していました。

転機が訪れたのは、4年前の握手会。

1時間30分ほど、お客さんがこない状態をTwitterに投稿したところ、ネットニュースに取り上げられ、応援メッセージが殺到したのだとか。

温かいメッセージに支えられた高木さんは、不幸の中にでも幸せを感じる理由をこのように語りました。

背伸びして、自分をよく見せるとか、それで得た幸せなんてかりそめの物だと思うんですよね。

自分の身の丈にあった、小さな幸せでもたくさん集めていければ、幸せになれるんじゃないかと思っています。

俺の持論 ーより引用

高木さんの持論を聞いて、ネット上ではこのようなコメントが寄せられていました。

・高木さんの持論が心に響きました。

・自分の丈に合う幸せを見つけると、他人が自分を批評しても、そばにいる人への感謝と幸福で満たされますよね。

・私は高木さんの持論に共感できました。

「無理して自分をよく見せようとせず、ありのままの自分でいることで幸せを見つける」という高木さんの持論。

小さな幸せを感じられるようになれば、それだけでも気持ちよく生活していくことができそうですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
俺の持論

Share Tweet LINE