grape [グレイプ]

ペットも飼い主もストレスフリー! 快適に暮らす住まいの実例

By - ウチコト  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

設計:湯浅剛・景子、撮影:大槻夏路

ペットは家族同然というご家庭も増えてきましたね。ペットの中でも不動の人気である犬猫との暮らしにフォーカスし、ますます身近な存在となった、ペットとの快適な暮らしについてご紹介します。

ペットは「コンパニオンアニマル」へ

Retina %e5%86%99%e7%9c%9f1

設計:湯浅剛・景子、撮影:大槻夏路

家族同然とも言えるペットの存在は、「コンパニオンアニマル」と言われます。

伴侶動物という意味で、長い時間を共に暮らしてきた身近な動物たちを、伴侶や家族、友達のように例えて、このような表現がされています。

室内飼育が主流となり、飼い主とのコミュニケーションも高まる今、ペットの中でも不動の人気である犬猫との暮らしにフォーカスし、気を付けたいポイントを挙げてみましょう。

【ペットと暮らすインテリア実例】上下運動を好む猫のために

Retina %e5%86%99%e7%9c%9f3

設計:金巻とも子

猫は横に広いスペースだけでなく、上下運動ができるスペースが必要と言われています。

例えば人を見下ろせる高さで歩くことができるキャットウォークや、昇り降りができるキャットタワーなど、猫の行動に合わせたものを用意することも効果的です。

ただ、それらが不安定に設置されていたり、不衛生だったりすると、猫にとっては危険な場所となることも。安全な住まいにするためには、「猫に必要なものを、過不足なく」用意することが大切です。

【ペットと暮らすインテリア実例】身の丈に合う「隠れ家」を

Retina %e5%86%99%e7%9c%9f4

飼い主と一緒の室内空間で過ごせることは幸せなことですが、犬猫の身の丈に合ったスペースを用意することも大切です。

狭い場所へもぐり込むことで安心できるほか、興奮した気持を落ち着かせるなど、犬猫にとっては心の準備ができる場所になるのです。

室内には、こうした犬猫たちの「隠れ家」を用意すると良いでしょう。

犬・猫・飼い主が快適に過ごせる住まいって?

Retina %e5%86%99%e7%9c%9f5

設計:金巻とも子 撮影:貝塚純一

例えば犬猫との住まいを考えた時、犬猫の行動を気にして、キズや汚れに強い建材や内装材などを選びがち。しかしそれではインテリアも自由に選べず、暮らしの楽しみが滅ってしまいます。

犬猫ともに暮らす住まいとして、まずは飼い主が快適に過ごせる空間であることを心掛けましょう。飼い主がストレスを感じず、シンプルな生活動線で過ごせる住まいは、犬猫にとっても快適なはずです。また、犬猫と飼い主がコミュニケーションを取る場所と離れて過ごす場所を区分することも大切です。

お互いを尊重しあいながらストレスフリーな住まいを目指す。これが犬猫と快適に住まう秘訣といえるかもしれません。

uchocoto_logo

東京ガス「ウチコト」

東京ガス「ウチコト」は、家事(ウチのコト)で役立つちょっとしたコトをお届けしています。料理、洗濯、掃除、子育て、省エネ等、お家に役立つコト&コツが満載です。 ⇒http://tg-uchi.jp/

出典
ペットも飼い主もストレスフリー! 快適に暮らす住まいの実例をご紹介!

Share Tweet LINE コメント

page
top