grape [グレイプ]

「書くことがなくて困ったので」 ある卒業文集に、30万人が吹き出す!

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

学校を卒業する児童や生徒たちの作文が収録される『卒業文集』。

学生時代の思い出はもちろん、卒業にあたっての決意や自身の思いをつづるなど、書きかたは人それぞれでしょう。

Twitterに投稿された、ある中学3年生の卒業文集に載せた作文が、人々の笑いを誘っています。

中学3年生の時に書いた卒業文集

投稿したのは、高校1年生の亟(@geminiminmin)さんです。

「書くことが何もない…」

そう思いながら、投稿者さんが中学3年生の時に書いた作文がこちら!

いま、僕は卒業文集を書いているところだが、正直にいうと書くことがなくて困っている。

これを読んだ人は、変な書き出しだな、と思うかもしれない。僕もそう思う。

どうやってこの270字の用紙を埋めるか考えた結果、このような書き出しになってしまったのだ。

現に、ここまでの文章で用紙の半分近くを埋めている。

思ってたよりも、用紙を埋めることができて、ひと安心している。

文章を書く才能があるのでは、と思ったが、そもそも才能のある人は、こんな書き出しはしないことに気付き、少しだけ悲しくなった。

さて、卒業にあたってだが、もう用紙がないので終わりにする。

「書くことがない」という状況をただ書き連ねるという大胆な方法で、すべてのマス目を埋めています!

これでは卒業に対する思いや、中学生のころの思い出などがまったく伝わってきません。

ユーモアあふれる作文に対し、ネット上では「最高!笑った」「逆に才能を感じる」といったコメントが相次ぎました。

最後のマス目まできっちりと「書くことがない旨」をアピールする徹底ぶりに、作文を渡された先生も、ド肝を抜かれたことでしょう。

しかし、これはこれで大人になってから読み返した時に、ゆかいな思い出として印象に残るのではないでしょうか!


[文・構成/grape編集部]

出典
@geminiminmin

Share Tweet LINE