grape [グレイプ]

これ本人!? クイーンの『Somebody To Love』を歌っていたのは…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年11月9日に日本でも公開され、大ヒットを記録している映画『ボヘミアン・ラプソディ』。

『QUEEN(以下、クイーン)』のヴォーカルで1991年に亡くなった、フレディ・マーキュリーさんの生き様を描いた映画です。

クイーンの名曲が数多く登場する同作品。歌唱シーンのほとんどは過去に収録されたクイーンの演奏音源が使われています。

しかし、過去の音源だけで劇中の歌唱シーンをすべてカバーすることは難しく、1人の男性歌手に協力が求められました。

彼の名は、マーク・マーテルさん。現役で活躍するカナダ人歌手です。

実は、彼は過去にも歌声がフレディ・マーキュリーさんにそっくりとして話題になった人物。

きっかけは、クイーンのドラマー、ロジャー・テイラーさんが結成したクイーンのトリビュートバンド『Queen Extravaganza』のボーカルオーディションでした。

そっくりな歌声により、もちろんオーディションは合格。その後、『Queen Extravaganza』のツアーにも参加しています。

そして、今回の『ボヘミアン・ラプソディ』のヒットにより、再びマーク・マーテルさんの歌声に注目が集まっています。

目を閉じて聴くと、本人と間違えそうなほど

まずは、こちらがフレディ・マーキュリーさん本人が歌う『Somebody To Love』です。

そして、こちらがマーク・マーテルさんが歌う『Somebody To Love』。目を閉じて聴くと、フレディ・マーキュリーさん本人の歌声と思ってしまうほど、そっくりです!

フレディ・マーキュリーさんが、いまも伝説と語り継がれているのは、あのキャラクター性も多いに関係していることでしょう。

そして、何よりも聴く人の心に響く唯一無二の歌声があってこそ。あの歌声をここまで再現できる人が実際に存在するとは…驚きです!


[文・構成/grape編集部]

出典
Queen - Somebody To Love (Official Video)My "Somebody To Love" audition

Share Tweet LINE コメント

page
top