grape [グレイプ]

いま見ても超豪華! フレディ・マーキュリー追悼コンサートに胸が熱くなる

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

11月24日は、カリスマ的人気を誇るバンド『QUEEN(以下、クイーン)』のヴォーカリスト、フレディ・マーキュリーの命日です。

『Bohemian Rhapsody』『Somebody To Love』など数多くの名曲を世に送り出し、その唯一無二の歌声で、後の音楽シーンに多大なる影響を与えたフレディ・マーキュリー。

しかし、エイズにより45歳という若さでこの世を去りました。

フレディ・マーキュリーの死から約半年後に開催された追悼コンサートは、出演した豪華アーティストの顔ぶれから、いまもファンの間で伝説として語り継がれているほどです。

著名なアーティストが歌うクイーンの名曲

当時のコンサートの様子を、クイーンのオフィシャルYouTubeチャンネルで見ることができます。

異なる世界観を1曲で表現した『Bohemian Rhapsody』

イギリスを代表する歌手の1人、エルトン・ジョンのしっとりとしたピアノの演奏から始まる名曲『Bohemian Rhapsody』。バラード調の美しいメロディを、エルトン・ジョンの優しい歌声が引き立てます

しかし3分20秒からは曲調が一転、壮大なバラードからロック色が強いメロディへと変わります。

ヴォーカルもエルトン・ジョンからロックバンド『ガンズ・アンド・ローゼズ』のフロントマン、アクセル・ローズへと変わり、会場の興奮も最高潮に。

音楽のジャンルの垣根を越え、フレディ・マーキュリーがアーティストたちに与えた影響力の強さを実感します。

フレディ・マーキュリーへのリスペクトを感じる『Somebody To Love』

追悼コンサートの中でも、特にファンを魅了した1曲ともいえるのが、ジョージ・マイケルが歌う『Somebody To Love』ではないでしょうか。

ジョージ・マイケルの情熱的なライブパフォーマンスと歌声に、生前のフレディ・マーキュリーを重ねた人は多いはず。

バンド演奏、バックコーラス、そしてオーディエンスの手拍子も含め、会場の一体感が画面越しでも伝わってきます。

また、ジョージ・マイケルの胸に光るのはエイズ患者の支援と理解を象徴する『レッドリボン』。

フレディ・マーキュリーへのリスペクトが伝わるその姿は、当時、多くの人に感動を与えました。

死後20年以上経ったいまも、圧倒的なカリスマ性で伝説として語り継がれているフレディ・マーキュリー。

もう二度と彼の生の歌声を聴くことはできませんが、人々の心の中でフレディ・マーキュリーは生き続けていくのでしょう。

フレディ・マーキュリー・トリビュート・コンサート~エクステンデッド・ヴァージョン【3DVD/日本語字幕付】

フレディ・マーキュリー・トリビュート・コンサート~エクステンデッド・ヴァージョン【3DVD/日本語字幕付】

クイーン, ブライアン・メイ, エルトン・ジョン, デヴィッド・ボウイ, アニー・レノックス
4,073円(01/20 00:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

[文・構成/grape編集部]

出典
Queen, Elton John & Axl Rose - Bohemian Rhapsody (Freddie Mercury Tribute Concert)Queen & George Michael - Somebody To Love (Freddie Mercury Tribute Concert)

Share Tweet LINE

page
top