grape [グレイプ]

親でも手がつけられなかった、発達障害の息子 彼を変えた存在は…?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

傷ついた時、落ち込んだ時…支えてくれる存在は貴重なもの。

そして、自分をそばで支えてくれる存在は、必ずしも『人』とは限りません。

トーニャ・デントンさんの息子さんの場合、人生のパートナーとも呼べる存在は猫のキティです。

暴れる息子に寄り添う猫

発達障害を持つ息子さんは、感情が高ぶると、泣いたり叫んだり『メルトダウン』と呼ばれる症状を起こすことがあります。

こうなってしまうと、親であるトーニャさんにも手がつけられないといいます。

しかし、症状が出てしまっている息子さんを、唯一落ち着かせることができるのが、猫のキティなのです。

母親であるトーニャさんが撮影した動画をご覧ください。

クッションに顔をうずめ、苦しそうな声をあげる息子さん。親であっても、この状態の息子さんを落ち着かせるのは困難です。

しかし、キティが近付き息子さんの頭をペロペロと舐め始めると、すぐに息子さんは泣くのを止め、キティをなではじめます。

トーニャさんによると、キティは息子さんに症状が出ると毎回、同じように息子さんを落ち着かせるのだそう。

パニック障害を持つ人や自閉症の人を精神的に支える『介助犬』の存在は知られていますが、それは訓練を受けてこそ。

訓練を受けていない、しかも猫がこうした行動を取るのはとても珍しいことです。

「猫に対する印象が変わった」「まるで奇跡」と、多くの人を驚かせた息子さんと猫の関係。共に寄り添って眠る姿を見ると、お互いにかけがえのない存在であることが分かりますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Tonya Denton

Share Tweet LINE コメント

page
top