grape [グレイプ]

がんで余命宣告を受けた愛犬 玄関で寝る姿を見て、飼い主がとった行動は…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「命あるものは、いつか必ず終わりが来る」…そう思っていても、愛する家族の旅立ちは受け入れがたいものです。

祖父母や両親、パートナー、子どもだけでなく、ペットも大切な家族の一員であることに変わりはありません。

我が子同然のペットに『最期の時』が近付いて来た時、飼い主はどのようにして受け入れるべきなのでしょうか。

『寝袋と除夜の鐘』

漫画の原作などを手がける泉福朗(@okaeri_eripiyo)さんは、元・保護犬の『カルちゃん』を飼っていました。

いつも元気で、散歩が大好きだったカルちゃん。しかし、12歳になったカルちゃんは、がんで余命宣告を受けてしまいます。

『最期の時』が近付いてくるのを感じ、「少しの時間でも多く、カルちゃんと一緒にいたい」と思った泉さん。

カルちゃんがお気に入りの場所で寝る姿を見て、泉さんは玄関に寝袋を置いて、一緒に寝ることにしました。

「お別れの時まで、後悔のないよう一分一秒を大切にしたい」

そう思っていた泉さんは、愛するカルちゃんの最期を見届けました。

玄関で愛犬を抱きしめながら、泉さんは除夜の鐘の音を聴いた大晦日。思い出は色あせることなく、泉さんの心の中に残っています。

大好きな飼い主さんと一緒に過ごした日々は、カルちゃんにとって幸せなものであったことでしょう。

ペットとの限りある時間を大切に、後悔のないようたくさんの思い出を作っていきたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@okaeri_eripiyo

Share Tweet LINE コメント

page
top