grape [グレイプ]

「保身に走った」 近藤春菜 声を震わせ『闇営業』騒動にコメント

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

吉本興業のお笑いタレントが、詐欺グループの開催する会合に事務所を通さず出席する『闇営業』を行い、問題になっています。

同社は2019年6月24日に、お笑いコンビ『雨上がり決死隊』の宮迫博之さんをはじめとするタレント11名の謹慎処分を発表。

またワタナベエンターテイメント所属のお笑いコンビ『ザブングル』も、問題の闇営業に参加しており、計13名のお笑いタレントが処分されるという大きな騒動になりました。

当初、参加したお笑いタレントたちは「反社会的勢力と知らなかった。金銭の授受はなかった」としていましたが、所属事務所の詳しい聞き取り調査の結果、全員が一定の金銭を受け取っていたことが判明。

宮迫さんら謹慎処分を受けたタレントは、各自で謝罪のコメントを発表しました。

『ハリセンボン』の近藤春菜 涙のコメント

情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、同月25日にこの騒動を詳しく取り上げています。

番組MCの加藤浩次さんは、謹慎処分となったお笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮さんから、前日に謝罪の電話があったことを明かしました。

同じくMCとして出演しているお笑いコンビ『ハリセンボン』の近藤春菜さんは、話を振られると次のように言及。

会社自体も保身に走ったと思います。

私も吉本に所属している芸人としてお話しますけれど、本当にお世話になっている先輩がたですし、今回のことで番組で後輩がコメントすることに申し訳なく思う方々だと思っています。

信頼をおいていましたし、虚偽を説明をしたということに関して、とってもショックを受けましたし、加藤さんが亮さんから聞いた通り、保身に走ってしまったんだなと。

ただ、その一瞬の判断を誤ったことによってここまで大きくなってしまったし、その場で正直にいって謝っていれば、世間のみなさまにここまでショックを与えることはなかったと思います。

スッキリ ーより引用

途中、涙で声を震わせながらコメントをした近藤さん。同じお笑いタレントとして気持ちを理解しながらも、厳しい意見を述べました。

笑いで幸せを届けるお仕事の人が、裏ルートで営業に行くと認識されたら「笑いを届ける」ってことがもうないんじゃないかなと思う。

私と同期の子もいますし、同期以下の子が生活のためにお金に困ることもすごく分かるんですけど…。

私は、自分のお笑いを求めて喜んでくれる人が、お笑いを認めて正規のルートでオファーしてくれるということが大事だと思います。

会社を通してもいろいろありますが、正規のルートで認めてくれた自分の笑いを求めてくれている人たちに向けて、笑いを提供してほしい。

こそこそして盛り上がるから、喜ぶからといって、笑いを届けるのはやっぱり気持ちよくない。

もうここまで大きくなったし、謹慎されたみなさんだけじゃなくて、芸人はいま一度、見つめ直す機会だと思います。

スッキリ ーより引用

また「反社会的グループと知らなかったというのは信じている。正直ちょっと軽い気持ちだったのだと思う」とコメント。『闇営業』の危険性について、次のように指摘しています。

「仲間が盛り上げてくれる。ごはんも食べられる。見てくれる側も盛り上がってるとなったら、これの何がいけないの」と感じていたと思うんです。

けれどこうやって裏でやっていたら、反社会的勢力もいるということなんですよね。

表立って「反社会的勢力だけど来て」なんていう人間はいない。裏で会社を通さずにやっていたからこそ、こういうことが起こる可能性がぐんと高くなってしまった。

そういう可能性があるというのを、私自身も肝に銘じなくてはならないと思います。

スッキリ ーより引用

近藤さんのコメントに、ネット上では次のような声が上がっています。

・いろいろと思うことはあるけど、少なくとも春菜ちゃんの涙にウソはない。

・春菜さんも悔しいだろうな。声が震えている。

・一度は裏切ったかもしれない芸人さんは、春菜さんの涙を無駄にしちゃダメだと思うよ!

・春菜さんの涙は心に刺さったけど、「認識の甘さ」ではすまされない問題だと思う。

謹慎処分を受けたお笑いタレントたちが、相手の素性を詳しく知らなかったとしても、「振り込め詐欺グループの会合に参加し、金銭を授受した」という事実は消えません。

一度失った信頼を取り戻すのは大変なこと。反社会勢力に付け込まれる隙を作らないように、事務所もタレントも再発防止に努めてほしいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
スッキリ

Share Tweet LINE コメント

page
top