grape [グレイプ]

USJの『新エリア』の再現度がすごすぎる! 2021年2月4日にオープン決定

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年11月30日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)が、新エリアである『スーパー・ニンテンドー・ワールド』の開業日を発表。

2021年2月4日にグランドオープンすることが決定しました。

エリアの全景や一部アトラクションを公開!

『スーパー・ニンテンドー・ワールド』とは、任天堂のキャラクターやゲームの世界を現実世界に再現したテーマエリアのこと。

公開されたエリアの全景が、こちらです。

テレビゲーム『スーパーマリオ』に出てくるキノコや土管などが忠実に再現されているではありませんか!

左側に写り込んでいる旗が付いた屋根は『ピーチ城』でしょうか。地形や木、『クッパ城』など、『スーパーマリオ』が現実の世界にそのまま飛び出してきたようですね。

『クッパ城』の城内も一部公開に

新エリアのシンボルの1つである『クッパ城』の城内も一部公開されています。

石造りの壁で囲まれている荘厳な雰囲気の空間では、クッパの石像がお出迎え。キバや眉毛、ウロコなど、細かい部分まで丁寧に再現されています。

テレビゲーム『マリオカート』のゲーム内に登場するトロフィーも複数飾られているようです。『マリオカート』をプレイしたことがある人はつい興奮してしまいそうですね。

『マリオカート』のアトラクションも!

『クッパ城』を進んでいくと、『マリオカート』をテーマにした、ライド・アクション『マリオカート ~クッパの挑戦状~』があるといいます。

『マリオカート ~クッパの挑戦状~』のアトラクションを体験する際、ゲストは専用のヘッドセットをつけるのだそう。

写真の男性が左手に持っているのがヘッドセットでしょうか。マリオのシンボルが施されていて、かわいらしい作りになっています。

このアトラクションは、マリオカートに実際に乗り込んで、途中で獲得できるアイテムを駆使しながら1位の座を狙ってコースを滑走するという内容です。

AR、プロジェクションマッピング、スクリーン投影映像など、数々の世界最新鋭の映像技術とスチームなどの特殊効果が、このアトラクションに組み込まれているのだとか。

乗るたびに勝敗などが変わり、等身大で楽しめるまったく新しい『マリオカート』が体験できるそうです。

そのほかにも、実際に自分の身体を使って飛んだり、ブロックを叩いたり、コインやアイテムを集めたりできるという、USJの新エリア。

レストランやグッズはもちろん、アトラクションなど、今回公開されていない施設や遊びがまだまだあることでしょう。

2021年の開業が楽しみですね!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top