grape [グレイプ]

「羨ましい」という声が続出! 職業体験型テーマパークを大人が貸し切ったら

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

「子どものころは夢がいっぱいあったのに」

大人になってからそう思う人は多いようです。

例えば「将来は何になりたいのか」という質問に、子どもの時は警察官や学校の先生など、無邪気に答えることができたことでしょう。

けれど成長するにつれて現実を知り、憧れだった職業をあきらめることも。

そんなさまざまな経験をしてきた人たちが1度は参加してみたくなる『豪華な遊び』がTwitterに投稿され、話題になっています。

『キッザニア』を大人たちだけで楽しむと?

ある日、子ども向けの職業体験型テーマパーク『キッザニア東京』に行くことになったaraichuu(@araichuu)さん。

『キッザニア東京』とは、3分の2ほどの「子どもサイズ」に作られた街の中で、約100種類の仕事やサービスなどを体験することができる施設です。

「モスバーガー」のモスフードサービスやヤマト運輸など、実在の企業がスポンサーとなっている出展は約60種類。その中のある企業が、従業員と取引先のために『キッザニア東京』を貸し切りました。

その際、会社を経営している投稿者さんも招待されたのです。

子ども向けのテーマパークとはいえ、本格的な作りに大人も大はしゃぎ!

貸し切りで、子どもの目を気にする必要がないため、みんな子どものように遊びまわっています。

すると、投稿者さんは参加者と一緒に遊んでいる中で、心にじんわりとくるような言葉を耳にしました。

どんな言葉なのかというと…。

「俺、パイロットになりたかったんだよなあ」

※写真はイメージ

「本当は、看護師が夢でした」

※写真はイメージ

帰ってから少し泣きそうになった。めっちゃ楽しかった。

さまざまな人の想いに触れて、涙がにじんでしまいます…。

投稿者さんのツイートを読んだ人たちからは、「心にしみた」「なんてうらやましい!」「大人には、こういういう時間が必要ですね」「夢を取り戻すいい機会になるかも」などのコメントが寄せられています。

大人も行きたい『キッザニア東京』。

『貸し切りプラン』があるため、一般の人も大人だけで楽しむことが可能です。

子どものころの夢に、想いをはせたくなりますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@araichuuキッザニア(KidZania)オフィシャルサイト

Share Tweet LINE コメント

page
top