grape [グレイプ] entertainment

ロジハラにバカリズムが持論「それは違うかなって」 称賛や同意の声が集まる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年10月11日放送の情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、SNSで話題となっている『ロジハラ』について特集。

同番組によると、『ロジハラ』とはロジカルハラスメントの略で、『正論を振りかざして、相手を追い詰めるハラスメント』という意味だそうです。

例えば、友人に軽く愚痴をこぼした時に「でもそれ、きみにも非があるよ」と返されたり、ミスをしてしまった時に上司から「なんでミスしたの?なんでできなかったのか説明して」といわれたりすることが『ロジハラ』被害に当たると説明。

また、論理的に正しい指摘であっても、相手を思いやる心がない場合や、正論をぶつけて困らせ優位に立とうとする行為が『ロジハラ』になると説明しました。

松本人志とバカリズム、『ロジハラ』に失笑

コメンテーターとして出演していたお笑いタレントのバカリズムさんは『ロジハラ』について持論を展開しました。

『ハラスメント』をこれに使うのはちょっと違う気がしますね。

『セクハラ』とか『パワハラ』とか、同じ棚に並べるのはちょっと違うかなっていうか。

それでいうと、『ロジハラ』っていう意見自体が僕は『ロジハラ』だっていえると思うんですよ。

「あなたのいっていることは正論ですけど、相手を追い詰めてますよ」っていう論理で、僕は追い詰められてますから。

結局『ロジハラ』自体が自分に返ってくると思うので。

ワイドナショー ーより引用

また、バカリズムさんは「結局、返してほしい答えは決まっているんですよ。それとは違う意見を返したら『ロジハラ』になっちゃう」と苦笑しました。

同番組の司会を務めるお笑いコンビ『ダウンタウン』の松本人志さんは「つまり、相手を論理攻めして勝つなってことでしょ?」と失笑し、このようにコメントしました。

なに、もう本当、めちゃくちゃやな!

『ロジハラ』流行るなら流行れ!流行って早く終われ!

ワイドナショー ーより引用

『ロジハラ』について、視聴者からはさまざまな声が上がっています。

・松本さんに完全に同意。こんなことで『ハラスメント』なんていわれたら議論できない!

・バカリズムさんの『ロジハラ』返しが最高。めちゃくちゃ笑いました。

・何でもかんでも『ハラスメント』っていうのも問題じゃない?上司も育てるために叱る必要があるし…。

・物はいいようなんだと思います。正論であっても、あまりに高圧的だったり悪意があるといわれる側はきつい。

友人や部下のことを想って、時には厳しい言葉で叱ったり注意したりすることもあるでしょう。

すべてが『ロジハラ』とされてしまっては、円滑なコミュニケーションが取れなくなってしまうかもしれません。

しかし、終始正論で責められ続ける立場になった場合、「思いやりの心を持ってほしい」と感じる人もいるでしょう。

賛否の声が上がっている『ロジハラ』について、同僚や友人とともに考えてみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
ワイドナショー

Share Tweet LINE コメント

page
top