grape [グレイプ]

松本人志「俺は言い続けるよ」 16歳アイドル自殺に改めて持論を展開

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年3月に、愛媛県のご当地アイドルとして活動していた当時16歳の少女が遺書を残さずに自殺。

少女の家族は「事務所のパワハラなどがあったのではないか」と事務所を提訴しています。

同年10月14日に放送された情報番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、今回の騒動を特集。

同番組に出演した松本人志さんは、「死んだら負けだ」と強く訴えかけました。

松本人志「俺はいい続けるよ」

松本さんが『ワイドナショー』で展開した持論がこちらです。

我々こうやって、こういう番組で自殺者が出て、こういうニュースを扱う時に、なかなか亡くなった人を責めづらい…責めれないよね。

でも、そうなんやけども、ついついかばってしまいがちなんやけど、僕はやっぱり「死んだら負けや」ってことをね、もっとみんながいわないと。

「死んだらみんながかばってくれる」っていうこの風潮が僕はすごく嫌なんですよ。

ワイドナショー ーより引用

松本さんの持論に、ネット上では賛否の声が多数上がりました。

しかし、松本さんは「自殺をする子どもを減らしたい」と心から願っているのでしょう。

16日に改めて持論をTwitterに投稿しました。

自殺する子どもを減らすために、『死んだら負け』をいい続けるよ。

再度投稿された松本さんの持論に、さまざまなコメントが寄せられました。

・誰よりも命を大事にしている人の言葉だと思います。私はすごくグッときました。

・松本さんがその言葉をいうことで、救われる人はきっといると思います。

・こういったことがいいにくい風潮ですが、きちんといえる大人はかっこいいと思います。

・「つらかったら逃げていい」「助けを求めていい」ということも付け加えてほしい。

・単純に「勝ち負け」をいっているのではなく、「生きてこそ」という気持ちが込められていると思います。

自ら命を断ちたくなるほど、深刻な問題を抱えている子どもたち。その悩みはそれぞれに違い、何が正解といえるものはないのかもしれません。

それでも「死なないでほしい」と訴えかける松本さんの言葉を聞いて、1人でも多くの子どもが、自殺を思いとどまってくれることを願います。


[文・構成/grape編集部]

出典
ワイドナショー

Share Tweet LINE コメント

page
top