grape [グレイプ]

ご飯にもお酒にも合う 見た目もカワイイ『ちくわの唐揚げ』のレシピをご紹介!

By - エニママ  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

真ん中に穴が開いていて、筒状で生でも加工しても食べられて、リーズナブルな食材といえば…正解は、『ちくわ』です。

穴にキュウリを埋め込んだり、チーズを埋め込んだりすると、手軽なおつまみになりますよね。

今回は、そんな『ちくわ』を結んで、見た目もカワイイ唐揚げを作ってみました。

『ちくわ』は、1袋100円前後で買える庶民の味方であり、練り物特有の旨みのある食材で、煮ても焼いても美味しくなります。

給料日前には、そんな『ちくわ』を唐揚げにすれば、家計も大助かり。今回は、小さめのフライパンを使い、油を『揚げ』より『焼き』に近い分量に減らして、カロリーオフに仕上げました。

材料:
・ちくわ 4本
・片栗粉 大さじ3
・青のり 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ3
・レモン果汁 適量
・にんにく(すりおろしチューブ) 2cm
・しょうが(すりおろしチューブ) 2cm
・酒 大さじ1
・めんつゆ 大さじ2

作り方:
1.ちくわを縦半分に切って、さらに5mm幅程度に切る。

2.ちくわを1本ずつ、結ぶ。

3.ジップロックに調味料とちくわを入れて軽くもみ込み、味をなじませる。

4.バットや皿に片栗粉と青のりを入れて混ぜる。

5.3のちくわを取り出し、全体にまぶす。

6.小さめのフライパンにオリーブオイルを熱し、ちくわを並べる。

7.焦げ目がついたら裏返しにし、両面がきつね色になったら完成。

お好みで、レモンをしぼると美味しいです。

『ちくわ』は、両端を強く引っ張ると、途中で切れてしまうので注意しましょう。

衣のサクサクとした食感がよく、結んだ形がとてもカワイイので、お子さんのお弁当に入れても、きっと喜ばれますよ。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top