grape [グレイプ]

隣の家の犬の『脱獄』を手伝った子犬 犯行の瞬間に「笑いすぎてお腹が痛い」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Jessie Matney

生後5か月の子犬、クラッカーと暮らすジェシー・マトニーさんが投稿した写真が笑いを呼んでいます。

ジェシーさんの隣の家には彼の姉妹が住んでいて、3匹の犬を飼っているのだそう。

ウェブメディア『The Dodo』によると、クラッカーと3匹の犬たちは仲よしでよく一緒に散歩へ行くといいます。

友達の『脱獄』を手助けする子犬

ある日の朝、ジェシーさんは庭でクラッカーが吠えているのに気付き、様子を見に行きます。

そこで彼は、目の前で繰り広げられている事態に笑ってしまったのだとか。

なんと、クラッカーは隣の家と自宅を隔てているフェンスを壊し、3匹の犬たちの脱走を手助けしていたのです!

容疑者:クラッカー

罪:脱獄未遂の共犯

その他の容疑者:ベンジ、バダーズ、パンキン

午前9時37分頃、パパは吠え声に反応。現場に到着すると、容疑者が隣の家の囚人たちを解放しようと試みているのを目撃した。

この事件はギャングが関与していると考えられ、我々はほかの共謀者を発見するために全力を尽くしている。

Jessie Matney ーより引用(和訳)

木の板で作られたフェンスの一部を3匹のうちの1匹が押して、クラッカーがその外れた板を引っ張って『仕事』を終えようとしていたのだそう。

ジェシーさんは現行犯逮捕された『容疑者たち』の写真を撮り、犬好きの人たちのFacebookグループに投稿します。

すると、見た人たちは大笑い!たくさんのコメントが寄せられました。

・笑いすぎてお腹が痛い!

・全員が「やべえ、見つかった」って顔してる!

・真の友情とは犯罪にも加担するってことね。

実は4匹の犬たちがフェンスを壊そうとしたのは、これが初めてではないそうです。

おそらく今回が5回目で、一度は1匹が脱走に成功しましたが、別の1匹はお尻が柵に引っかかって動けなくなったのだとか!

ジェシーさんはその犬を助け出すため、周りのフェンスも壊さなければならなかったといいます。

それ以降は、いつフェンスを壊されてもいいように、常に交換用の板を買い置きしているそうです。

友達と遊ぶためには手段を選ばないクラッカーと3匹の犬たち。

彼らの脱獄チャレンジはこれからも続きそうですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
Jessie MatneyThe Dodo

Share Tweet LINE コメント

page
top