grape [グレイプ]

誘拐されたハスキーの子犬 2か月ぶりに飼い主と再会して喜び爆発!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Miami-Dade Police Department

2021年4月、アメリカのフロリダ州で1匹のメス犬が行方不明になりました。

いなくなったのはスノーという名前の生後9か月のシベリアン・ハスキーで、何者かに誘拐されたと思われました。

この事件を担当したマイアミ・デイド警察のグリセル・フェルナンデス巡査部長は、ウェブメディア『The Dodo』に、いかに捜査が困難を極めたかを説明。

「干し草の山から針を探すようなものでした」と語っています。

しかし必死の捜索の結果、行方不明になってから2か月後にスノーが見つかったのです。

そしてついにスノーは飼い主の女性と再会することができました。

飼い主さんに会えた喜びを全身で爆発させるスノー。スノーもずっとさびしかったのでしょう。

グリセルさんはそんな飼い主さんとスノーの姿を見て、「まだ信じられないような気持ちですが、私の粘り強さが報われてものすごく嬉しいです」と語りました。

この動画には「プライスレスな瞬間だね」「巡査部長、この犬を見つけてくれてありがとう」などのコメントが寄せられています。

スノーを盗んだ容疑者については捜査が終了次第、公表されるということです。

アメリカでは犬の誘拐は珍しいことではありません。最近、特に狙われているのはフレンチブルドッグといわれていますが、シベリアンハスキーも人気の犬種です。

決して諦めずに捜査を続けたグリセルさんは、犬好きなのかもしれませんね。

言葉にはできなくても、きっとスノーもグリセルさんに「見つけてくれてありがとう!」と感謝していることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
Miami-Dade Police DepartmentThe Dodo

Share Tweet LINE コメント

page
top