「今日、娘と怖い思いをした」赤ちゃんが泣きだした理由に戦慄する…

「今日の午後、娘のモリーと少し怖い思いをしました。僕たちは初めてだったけど、実は珍しいことじゃないそうです。
他の親たちにも、このことを知ってほしいと思い、投稿をします。」

これはアメリカ合衆国のカンザス州に住んでいる、とある夫婦の投稿です。

夫・スコットさんと妻・ジェシカさん…そして、愛娘のモリーちゃんに、ある日恐ろしい出来事が起こりました。

それは、スコットさんが妻のジェシカさんと食事をしていた時のこと。突然、隣の部屋からモリーちゃんの泣き声が聞こえてきたのです。

「モリーは突然、興奮したように泣き叫び始めたんです。でも最初は、泣くのはいつものことだったから気にしませんでした。」

しかし、いつまで経ってもモリーちゃんは泣き止みません。さすがに心配になったスコットさんは、ジェシカさんとモリーちゃんのもとへ向かったのでした。

「身体が熱かったから、体温を下げようと思ってモリーの靴下を脱がしたんです。つま先を見た瞬間…僕たちはびっくりしました。」

なんと、モリーちゃんの指には謎の怪我が!

これは『ヘアー・ターニケット』というもの。髪の毛が手足の指に絡みついてしまい、食い込んでしまうものです。

発見が遅いと、皮膚が切れてしまったり、血液の流れが遮断されてしまうこともあります。

「幸運にも、妻は緊急医療の技術をもっていました。ピンセットと虫眼鏡を使い2、3分で髪の毛を取り除くことができたのです。」

ちなみに先ほどの写真は、髪の毛を取り除いてから45分後に撮影したものだそうです。45分経っても、これほど深い傷が残ってしまうのですね…。

「指に傷が残ったけど、発見が遅かったらもっと大変な事態になっていたかもしれない。もしかしたら、食い込んだ髪の毛にピンセットが届かなくなっていたかも…。」

最後に、スコットさんはこう語っています。

「医者から、『赤ちゃんが泣き止まない時は必ず指を確認するように』と言われました。
赤ちゃんがいる親の方々や、保育士さんたちの参考になれば幸いです」

髪の毛以外にも、糸くずが原因になることが多い『ヘアー・ターニケット』。産後にお母さんの抜け毛が多くなる『分娩後脱毛症』という症状によって、さらに発生しやすくなるそうです。

19085_01

「助けて」と言えない赤ちゃんのために、親がしっかりと『S.O.S』を感じ取ってあげなければいけませんね。

出典
FacebookFacebook

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事











検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop