50年代のレトロ車が電気自動車で復活!ドアの場所が斬新すぎ!

出典:YouTube

独特なデザインと、可愛らしい外見から今でも多くのファンがいる、イタリアの自動車「イセッタ」

1950年代に発売された、レトロ感満載のデザインをほぼそのままに、電気自動車「マイクロリーノ」として復活することになりました!

20046_main

出典:YouTube

ドアはどこにある?

BMWにもライセンス生産されていたイセッタですが、今回、電気自動車として復活させたのは、スイスのマイクロ・モビリティ・システムズ社です。

イセッタのデザインやコンセプトなどをベースに、電気自動車化したマイクロリーノは、昔と同様ドアはフロントにあります。

20046_02

出典:YouTube

現代でこのデザインを見ると、むしろ新しく感じます(笑)

レトロな外観が話題を呼び、最初に製造する500台の予約注文は約2週間ほどで完売したそうです。

20046_03

出典:YouTube

マイクロリーノは、満充電にして100~120Kmの走行が可能で、最高速度は100km/hほど。

そして、気になるお値段ですが、9,000~12,000ユーロ(約110万〜150万円)で販売される見込みです。

小さくてレトロなデザインの車がこの値段なら…ちょっと欲しくなってしまいます。

生産は2017年後半から開始する予定ですが、発売が今から待ち遠しいですね!

出典
Microlino - Change urban mobility - Lifestyle and Prototype #2

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事










週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop