知ってたらすごい! 500円硬貨に隠された小さい仕掛け

私たちが普段使っている500円硬貨は、2000年8月にデザインが新しくなったものです。

偽造防止のため、硬貨には様々な仕掛けがされています。

例えば、硬貨を斜めにすると「0」の部分に「500円」という隠し文字が現れます。

27382_01

実は、偽造防止策はこれだけではありませんでした!

肉眼ではほぼ確認できないほど、小さい仕掛け…それがこちら。

この部分を拡大してみると?

おお!「N」の文字が彫られています!!

こちらには「I」の文字。

そして「P」。

他の箇所にも「P」。

続いて「O」。

最後は「N」の文字。

つなげて読むと『NIPPON』と彫られているんです。

実際に手持ちの硬貨を確認したところ、目を凝らしても、ギリギリ見えるか見えないかのレベル。

表面にも同様の仕掛け

この仕掛けは、表面にも施されています。

『N』

『I』

『P』『P』

『O』

『N』

この仕掛けは、造幣局のホームページで公開されていないものの、硬貨マニアの間では知られた話なのだそう。

あらゆる仕掛けが施されたこの500円硬貨は、国際的な貨幣のコンペティション(コイン・オブ・ザ・イヤー)で、2002年の『最も革新的なコンセプトの貨幣』として表彰されています。

この知る人ぞ知る仕掛け、あなたは知っていましたか?ぜひ手元の500円硬貨を、目を凝らしてよ〜く確認して見てくださいね!


[文/grape編集部]

出典
imgur

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop