grape [グレイプ] trend

十勝で記録的な大雪 翌日、目撃されたものに「非常にレア」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2022年1月11~12日にかけて、記録的な大雪に見舞われた北海道十勝地域。一晩で60cmもの積雪が観測された場所もありました。

その後、なんとも珍しい自然現象が目撃されたといいます。

近藤肇(@hajimenokondo)さんがTwitterに投稿した2枚の写真をご覧ください。

まるで標識が脱皮したかのように見える、こちらの現象。『雪紐』と呼ばれ、電線などに降り積もった雪がずり落ち、ひものような形状になる現象です。

大雪により標識に降り積もった雪が、時間の経過とともに垂れ下がり、まるで脱皮したかのような状態になったというわけです。

木の枝や手すり、堀などに積もった雪が雪紐になったものはまれに見られますが、標識というのは珍しく、写真に対して「初めて見た」「すごい」と驚きの声も寄せられました。

・標識が幽体離脱しているかのよう。

・物干しのロープとか、寒冷地ではなんでも脱皮しちゃいがち。

・本当に脱皮してるみたい!初めて見た。こんな積もり方をすることもあるんだ…!

さまざまな条件が重ならないと見ることができない雪紐。自然が作り出した美しいアート作品といえますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@hajimenokondo

Share Tweet LINE コメント

page
top