grape [グレイプ] entertainment

タモリの若い頃はどうしてたの? 「ボウリング場で…」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

お笑いタレントとして活躍しているタモリさん。

数多くの番組で司会を務め、年齢問わず多くの人に愛されています。

そんなタモリさんの若い頃についてご紹介します!

タモリの若い頃は?

タモリさんは1945年に福岡県福岡市で生まれました。

子供の頃から好奇心が旺盛で、興味を持ったものには積極的に挑戦するような学生時代を送っていたとか。

中学生の時は剣道部と陸上部に所属。高校生になると、剣道部と吹奏楽部を両立し、アマチュア無線クラブや居合道場でも活動していたといいます。

そんなタモリさんは高校を卒業後、1年間の浪人生活を経て、『早稲田大学第二文学部』に進学します。

大学ではモダンジャズ研究会に入り、マネージャー兼司会を務めていました。

ところが大学3年生の時に学費未納のため、抹籍処分に。

その後、地元・福岡に帰り、保険外交員やボウリング場の支配人、喫茶店のマスターなどを転々としていました。

そんな中、出会ったミュージシャンから「東京で『即興芸』を行わないか」とお誘いが。

タモリさんはその仕事を引き受け、月に一度だけ上京する生活を送ります。

その頃、漫画家の赤塚不二夫さんと出会い、芸能界デビューすることに。

タモリさんは赤塚不二夫さんが出演する番組に呼ばれ、一気に知名度を上げました。

そして1976年にコメディ番組『チャンネル泥棒!快感ギャグ番組! 空飛ぶモンティ・パイソン』(東京12チャンネル・現テレビ東京系)で、本格的に芸能界デビューし、日本を代表するタレントとしての一歩を踏み出しました。

タレントのタモリ

タモリ 1981年

タモリの現在は?

タモリさんは2022年7月現在、バラエティ番組『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)や『ブラタモリ』(NHK)、報道番組『タモリステーション』(テレビ朝日系)、音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)などに出演し、進行役として活躍しています。

70歳を超えてもなお、はっきりとした物いいでファンを楽しませているタモリさん。

これからもそのパワフルな姿で芸能界をけん引してほしいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@tv_asahi_PR

Share Tweet LINE コメント

page
top