grape [グレイプ] lifestyle

これだけでよかったのか…! おにぎりの具を真ん中にするための工夫とは?

By - エニママ  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

誰でも簡単に握ることのできるおにぎり。食べた時に、片寄って入った具にガッカリすることはありませんか。

最初に具ばかりが出てくると、残りのおにぎりは具なしになってしまい、反対に、食べ進めても具が出てこないと、最後に具だけが残ってしまいます。

また、具がおにぎりの表面に出てしまって、ご飯がボロボロになってしまったり、具を隠すためにご飯を足して、いつの間にか『特大のおにぎり』になっていたりする人もいるでしょう。

たった1つのコツをおさえておくだけで、具が中央にあるバランスのよいおにぎりを握ることができます。

具が片寄らないコツとは?

おにぎりの具を真ん中にするためのコツは、ご飯を広げる時の形にあります。

まず、ラップの上に、ひし形になるようにご飯を置きましょう。

写真のように、片側に具を乗せます。

ひし形の真ん中から、折り返すようにラップをたたみます。

この時点で三角形ができあがるので、形を整えながら握りましょう。

あとは、まわりに軽く塩を振り、海苔で巻くだけ。手間をかけずに、バランスのよいおにぎりができあがりました。

たったこれだけで、おにぎりのレベルが上がること間違いなし!

難しい工程は何1つありません。ぜひお試しください。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top