grape [グレイプ] society

2022年『ペルセウス座流星群』が8月12日に見頃! 家族で夏の思い出を

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

三大流星群の1つに数えられる『ペルセウス座流星群』が、2022年8月12日の夜に観測のピークを迎えます!

国立天文台によると、多くの流星を期待できるのは、11日の夜から13日の夜まで。中でも、12日の夜に、もっとも多くの流星が出現するといいます。

なお、12日は満月のため、月明かりの影響を受けそうですが、多くの流星群が期待できる『ペルセウス座流星群』ですから、あきらめずに夜空を眺めていれば、観測のチャンスは十分にあるでしょう。

高い建物などがない広い場所で寝転がり、最低でも15分ほどの観測がおすすめです。

家族で流星群の観測はいかが?

暗いところで見れば1時間に50個ほども見られることもある、『ペルセウス座流星群』。

8月の日中の気温は高く、真夏日が続きますが、夜になり太陽が沈めば、涼しく感じられるはずです。

夏休み期間中の子供と一緒に、家族で流星群の観測を楽しめば、きっと素敵な夏の思い出ができることでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
国立天文台

Share Tweet LINE コメント

page
top