grape [グレイプ] lifestyle

「知らなかった」「今日からやってみる」 料理のプロが教えるお米を正しく研ぐための3つのポイント

By - COLLY  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

※写真はイメージ

ごはんをおいしく炊くために、意識したいのが「研ぎ方」についてです。普段何気なく行いがちですが、実はその研ぎ方、間違っているかもしれません。東京ガスが運営する情報サイトより、プロが教える正しい研ぎ方を紹介します。

研ぎ方のコツは全部で3つ

正しいお米の研ぎ方を紹介しているのは、老舗米問屋の米料亭「八代目儀兵衛」で総料理長を務める橋本晃司さんです。橋本さんは、お米を研ぐ際のポイントは、以下の3つだと教えてくれています。

1.最初のすすぎはたっぷりの冷たい水で素早く行うこと

2.お米は「優しく握って離す」を繰り返して行うこと(2合以下なら40回、3合なら50回を目安に)

3.研いだ後のお米は、冷蔵庫で60分間浸水させること

お米の研ぎ方の基本として、頭に入れておきましょう。

どれだけおいしいお米を購入しても、研ぎ方で失敗すれば残念な仕上がりになってしまいます。「まるでお店のような仕上がりを楽しみたい」と思ったら、基本を忠実に守って、ていねいに作業するのがおすすめです。

ついやりがちなNGポイント

情報サイトでは、一般の人がついやりがちな失敗をいくつか紹介しています。普段やってしまっていないか、ぜひ確認してみてください。

まずは最初のすすぎの時、お米と水を入れる順番についてです。ボウルなどにまずお米を入れ、その後で水を入れている人も多いのではないでしょうか。実はこれはNGポイントです。

乾燥状態のお米は、最初に水に触れた瞬間からどんどん水を吸収します。研ぎ始めが一番水を吸収しやすいため、ボウルに水が溜まるのを待つ間に、糠やニオイも吸収してしまいます。

ウチコト ーより引用

とのこと。先に冷たい水をたっぷり用意しておいて、一気にお米を投入する方法が推奨されています。

またもう一点注意したいのが、「お米を研ぐ段階で水が透明にならなくてもよい」という点です。水が透き通るまで研いでしまうと、お米本来のおいしさや栄養分まで抜けてしまうそう。「握って離す」という動作の回数を意識して、研ぎすぎに注意してください。

研ぎ方にほんの少し工夫するだけで、普段食べているお米をさらにおいしく楽しめるでしょう。わざわざ高いお米に買い替えなくても、家族の満足度を向上させられる可能性も大です。

毎日のごはんがおいしくなれば、ただそれだけで食事も楽しくなりそうですね。東京ガスで紹介している3つのポイントを、ぜひ参考にしてみてください。


[文・構成/grape編集部]

出典
ウチコト

Share Post LINE はてな コメント

page
top