grape [グレイプ] trend

開館前の水族館を散歩していたのは… 歩き回る『生き物』の姿が話題

By - エニママ  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

ペンギンの写真

※写真はイメージ

家族のお出かけやデートにも人気の水族館。子供から大人まで、好きなスポットとして挙げる人は多いでしょう。

色とりどりの魚や珍しい生き物をたくさん見ることができて、新鮮で楽しいものですよね。

開館前に館内を散歩するのは…

東京都墨田区にある『すみだ水族館』も多くの人に愛されている水族館の1つ。

同館によると、開館前の来場客がいない時間には、人間ではなく、ある生き物を散歩させているといいます。

『すみだ水族館』がInstagramで紹介して、話題となった館内の様子をご覧ください。

開館前の水族館を散歩しているのは、なんとペンギン

カフェの店長から「いらっしゃいませ」と声をかけられている様子は、ほほ笑ましいですね。

このペンギンたちは、もともと石川県七尾市にある『のとじま水族館』で暮らしていました。

しかし、2024年1月に起きた石川県の能登半島地震で被災したため、『すみだ水族館』が預かっているそうです。

少しずつ環境に慣れてもらうために、開館前に館内で散歩を実施しているとのこと。

いろいろなものに興味津々といった様子で、『すみだ水族館』のペンギンたちと鳴き交わす姿も映っています。

投稿を見た人からは「スタッフの心遣いに愛を感じる」などの声が寄せられていました。

・『のとじま水族館』のペンギンたちが元気そうで嬉しい!

・遠い場所で懸命に生きている姿は、石川県民にとって励みになります。

・スタッフの優しい対応に涙が出ました。

避難したペンギンたちは無事に帰れる日まで、『すみだ水族館』の生き物たちと仲よくなりながら、元気に過ごしてほしいですね。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

出典
sumida_aquarium_

Share Post LINE はてな コメント

page
top