grape [グレイプ]

新型オービス小さくね!? 風景に馴染み過ぎてて見付けられない

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

新型のオービスがあまりにも小さく、しかも風景に溶け込んでいて分かりにくいとTwitterで話題になっています。

オービスって何?

そもそもオービスとは、アメリカのボーイング社が開発した速度違反を自動で取り締まる装置のことで、英語では「ORBIS」と表記されます。

基本的な仕組みは、制限速度よりも一般道で時速30km以上、高速道路で時速40km以上のスピードを出している車を撮影。「車」「運転手」「ナンバー」を確認し、後日出頭通知がドライバーのところに届く仕組みになっています。

これまでは車を上から見下ろすような形で設置される固定式のオービスが一般的でした。

しかし、現在、Twitterで話題になっているのは、小型で移動も可能な新型オービスです。

2014年11月ごろに埼玉県警で2か月間ほど試験導入され、話題となりましたが、2016年の3~4月ごろから本格導入が行われたようで、全国各地で目撃情報が多く聞かれます。

確かに従来型のオービスに比べて、風景の溶け込んでしまい、走行中にドライバーが識別するのは難しいかもしれません。

この新型オービスの導入に、Twitterでは議論が交わされています。

  • 一発で免停になっちゃう!
  • 新型オービス怖い…
  • オービスが光らない速度で走ってればいいんじゃないかな?
  • 免停になるような速度で走ってる人のほうが怖いわ

さまざまな意見がありますが、かなり小さい新型オービスを運転しながら発見するのは至難の業。動画で見ると、その見分けにくさが分かりやすいかもしれません。

これだけ風景に溶け込んでいると「オービスを発見したらスピードを落とせばいい」などといった対策は通じそうもありません。

やはり普段からスピードの出し過ぎには注意し、安全運転を心掛けることが大切なようですね。

出典
埼玉県北本市深井 国道17号線 上り方面 新型移動式中型オービス(iM)

Share Tweet LINE コメント

page
top