grape [グレイプ]

生後5週の子犬2匹を引き取った 18ヶ月後、目を疑う事態に!!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Claire Stoneman

イギリス東部のエセックスで、グレートデンのフレディーが生まれた時、彼は兄弟の中で一番小さな子犬でした。飼い主のクレア・ストーンさんは、フレディーと一緒に妹犬のフレアも引き取ります。その時、フレディーはフレアの半分の大きさでした。

フレディーとフレアはその後、ぐんぐん成長。フレディーはあっという間にフレアを追い越してしまいました!しかし、クレアさんは「そのうち成犬になったら成長も止まるだろう」と気楽に思っていました。

妹犬は成長が止まるも、フレディーは…

妹犬のフレアは18ヶ月で成長が止まりました。クレアさんはそろそろフレディーも成長が止まるだろうと思っていましたが、そうはいかなかったのです。

彼はフレアより大きくなったばかりでなく、何と18ヶ月で7インチ4フィート(223.52センチ!)にまで成長。とうとう世界一大きな犬、ゼウス(2014年没)と同じ大きさに達してしまったのです!

当時、フレディーは毎週1インチづつ大きくなっていったそうです。

そして4歳になったフレディーはめでたく「生存する世界一背が高い犬」としてギネス・レコードを認定されました!

現在の大きさは7フィート5.5インチ(227.33センチ!)

クレアさんは、フレディーの食費だけで一週間に125ドルかかると悲鳴をあげています。ロースト・チキンが大好物で、週に最低でも4羽分はたいらげるのだそう。

ソファでくつろぐのが大好きなフレディーはすでに23台のソファーを破壊したそうですが、クレアさんはもう仕方がないとあきらめ顔です。フレディーは自分が巨大だということをわかっていないのでしょう(笑)

散歩や食事など大きな犬との暮らしは大変そうですが、クレアさんとご主人はとても幸せそうです。素敵な飼い主に恵まれてよかったね、フレディー。フレアとともにいつまでも元気でいてください!


[文/grape編集部]

出典
Claire StonemanBritain's Biggest Dog

Share Tweet LINE コメント

page
top