grape [グレイプ]

「友達」の考え方をチェンジ! 華僑(かきょう)に学ぶ、ぶれない自分軸とは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

人と人とのかかわりは楽しいものである反面、人間関係は仕事をするうえで悩みの種になりがちですよね。

根本的に合わない人もいますし、仲のいい人に気を使って疲れることもあります。

「イヤな人間関係にエネルギーを吸われる、マイナスのコミュニケーションはもう嫌だ!」

「いい加減、自分にプラスになるコミュニケーションを身につけたい!!」

それなら、『華僑(かきょう)』をお手本にしましょう。

『華僑』のコミュニケーションを身に着ければ、きっと他人に翻弄されなくなります。

また、人とのつながりがお金や運まで連れてきてくれる、プラスなものに変わるかもしれません。

華僑=中国人? 感覚が違う!

日本はもちろん、世界中のさまざまな国で活躍する中国人。

しかし、世界でビジネスをしている彼らは『中国人』とは呼ばれません。

ここでいう華僑とは、「中国から離れ、母国ではない国の人たちとビジネスをしている人たち」。観光目的でやってくる人や、日本に住んでいても中国人とだけビジネスをしている来日・在日中国人とは違う人々です。

『「華僑」だけが知っている お金と運に好かれる人、 一生好かれない人』 ーより引用

中国から来た人は『中国人』という感覚ですが、世界でビジネスをしている彼らは『華僑』と呼ばれているのですね。

コミュニケーションに長けていなくては、ビジネスで成功することはできません。

『華僑』は対人トラブルを起こさない知恵を持っています。

多種多様な価値観の人がいる場所で、最強の武器となるコミュニケーションの基礎…それは『自分軸』です。

自分軸ってなんだろう? 自己中ではなかった

Share Tweet LINE コメント

page
top