grape [グレイプ] trend

「ハロー」しか言えなくなった妻 老夫婦の愛溢れる『会話』に涙

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

ニューヨークに住む105歳のアーサーさんと100歳のマルシアさん夫婦。結婚80周年を迎えようとしていました。

記念すべき日を迎える2人の姿を、孫が動画で撮影。結婚80周年の前夜に撮影された、『夫婦愛』をとらえた美しい姿に多くの人が涙しています。

「ハロー」しかいえなくなった妻

孫によると、マルシアさんは、「ハロー、ハロー」以外の言葉を、ほとんどしゃべることができなくなってしまったそうです。

『会話』というコミュニケーションがとれない状態のマルシアさんに対し、孫と思わしき男性はこう話しかけます。

男性「この素敵な男性と結婚したことを覚えてる?
2人ともすごくラッキーだったよね!出会って本当によかった。

おじいちゃんのことと、僕がいっていることが分かるかい?」

しかし、マルシアさんは「ハロー、ハロー」と繰り返すばかり。そんなマルシアさんを、アーサーさんは優しい目で見つめています。

アーサーさん「愛してる。80年間ずっと愛しているよ。それは、本当に長い時間だ。
僕たちが恋に落ちた時は、20歳だったね。まだ学生だった」

相変わらず「ハロー、ハロー」といい続けるマルシアさん。ですが、アーサーさんの言葉を聞くと、マルシアさんは手にキスを贈りました。

アーサーさん「キミが恋しくてたまらないよ。ずっとキミと一緒にいたい」

そういうと、泣きそうな顔になったアーサーさん。その姿を見て、周囲の家族は「この家族は愛にあふれてるよ!」「おばあちゃんは、ずっとここにいるから大丈夫よ」と声をかけました。

孫によると、マルシアさんは『ハロー』以外の言葉を発することができなくとも、声のニュアンスは異なるのだそうです。そのため、周囲で何が起きているのかなんとなく理解できているのだとか。

会話ができなくとも、お互いの気持ちは伝わっているはずです。この動画から、『愛』とは何なのかが伝わってきます。


[文・構成/grape編集部]

出典
Gabe JacobsPLUS

Share Tweet LINE コメント

page
top