grape [グレイプ]

毛むくじゃらな姿で保護された犬 真夜中に行われた『命のリレー』に、温かい涙

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:BGE Grooming

アメリカのフロリダ州にある、犬専用の美容室『BGE Grooming』。

オーナーを務めるカリ・ファラさんがFacebookに投稿した一夜の出来事が、海外で注目を集めています。

優しさの連鎖が、命を救う

ある晩、Facebookで「見るも無残な姿の犬を道ばたで発見し、保護した」という内容の投稿を目にしたカリさん。

深夜だったため動物保護施設などへ連れていくこともできず、投稿者さんは困っていたといいます。

伸びすぎた毛によって、視界を覆われた1匹の犬。ひと目見て、危険な状態であることをさとったカリさんは、投稿者さんに「私の店に連れてきて」と呼びかけました。

お店へ連れてこられた時、歩くことすらままない犬の姿に心を痛めたカリさんは、すぐさまカットを開始します。

長時間にわたるカットとお風呂を終え、すっきりとした犬の姿をご覧ください。

カットされた大量の毛はノミだらけで、悪臭がしたのだそうです。

獣医の元へ預け、検査してもらった結果、犬は視覚と聴覚を失っていることが分かりました。

元の飼い主さんを見つけることは難しく、犬がひん死の状態で発見された理由は分からないままです。

とても優しく、穏やかな性格の犬に対し、カリさんは『ラッキー』と名付けました。

ラッキーはその後、さまざまな人の協力により、新しい里親さんに引き取られたといいます。

1匹の犬を救った一連の出来事に、多くの人が温かい涙を流しました。

・助けてくれてありがとう。

・とても素晴らしい!心が温まる。

・どうしてこんな目に…つらかっただろうな。これから、めいっぱい幸せになってほしい。

危険な状態をさまよいながらも、無事に保護され、命を救われたラッキー。

新しい名前の通り、幸せに満ちた日々を過ごしていくことを望みます。


[文・構成/grape編集部]

出典
BGE Grooming

Share Tweet LINE コメント

page
top