YouTuberの真似をする息子 パパが「役に立つ」と言った理由に納得の声

※写真はイメージ

小学生や中学生の、なりたい職業の上位に入るという『YouTuber』。動画サイト『YouTube』で興味をひくような映像を公開し、広告収入を得る、人気の職業です。

Tom(@tomtom_tom3)さんの息子さんも、日本のトップYouTuberであるヒカキンさんの真似をしてビデオ撮影をするなど、楽しんでいるようです。

※写真はイメージ

しかし、人によってはなじみが薄いYouTuberを職業に選ぶことに対し、否定的な意見も少なくありません。

それでも、Tomさんは息子さんがYouTuberの真似をすることを「役に立つと思う」と支持。

その理由をTwitterに投稿すると、多くの人を納得させたのです。

「自分の状況を人に分かるように伝え、その説明を自分で見直し、確認する」というYouTuberがやっていることは、プレゼンテーションの練習になる。

YouTuberは、自身の動画を見てくれるファンを獲得することが重要です。ファンを獲得するには、多くの視聴者が喜んでくれるような企画を立て、自分を売り込まなければなりません。社会人が行うプレゼンテーションと、共通する部分があります。

さらに息子さんは、さまざまなYouTuberの動画を見て「誰が上手か」を冷静に見極めており、以下のようなYouTuberは参考にしないといいます。

・しゃべるスピードが速い。

・「ワー」「ギャー」とかの感嘆詞が多い。

・間がある。

・何の操作をしているかわからない。

・目的がよくわからない(自分が遊んでるだけ)。

Tomさんの投稿に「表現力を持っていない社会人は多いので、いい練習方法かも」「息子さん、優秀すぎです」とコメントが寄せられています。

「自分のいっていることが、なぜ相手にうまく伝わらないのだろう」という悩みを持つ人もいるのではないでしょうか。

若いころから行う「健全なYouTuberの真似事」は、人に意思を伝えるいい訓練になるのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@kskgroup2017

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop