grape [グレイプ]

「自分の判断ですべて捨てて」 羽生さんが子どもに向けた言葉に、ハッとする

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

学校で受けた道徳の授業がどんなものだったか、覚えていますか。

物語の登場人物の気持ちをいい合ったり、動画の感想文を書いたりしたことのある人が多いようです。

しかし、本当に自分の頭で考えていたのかというと疑問があるもの。

「大人が子どもにいってほしいと思っている言葉を答えていた」という声も、ネット上には散見されます。

「子どもたちには、自分で考える力を付けてほしい」

そんな親の想いに応える本が登場しました。

「自分なりの答え」を考え出したくなる

子どもを取り巻く問題はさまざま。

いじめや、友達、家族などの問題は、簡単に答えを出すことができません。

そんな普遍的な問題を考える書籍『答えのない道徳の問題 どう解く?』(ポプラ社)が、2018年3月23日に発売されました。

本書は、シンプルな絵と言葉の組み合わせで、子どもたちにも分かりやすく問いかけます。

巻末には書き込み式のワークシートが付いているため、子どもが自分の考えを書いてまとめたり、親子の対話を記録したりすることが可能。

子どもが「自分なりの答え」を見つける手助けをしてくれます。

考えるためのヒントも収録

しかし、「さあ考えよう」といわれても思考がまとまらない子もいるでしょう。

また、いろいろな意見を聞いてみたいという子もいるはず。

そこで本書の後半には、実際に質問に答えた子どもたちの声や、各界の著名人の考えが収録されています。

勉強についての質問には、棋士の羽生善治さんが答えています!

「べんきょう」について

勉強が嫌いな子の疑問には…。

「人が嫌がることはしちゃダメ!」といいながら、勉強を押し付けてくるお母さんに不満があるようです。

この問いを見た子どもたちは、「子どもがテストで悪い点を取るのが、恥ずかしいんじゃないの」「大人は勉強が好きなのかな」など、さまざまな方向から考えています。

羽生さんの答えは、どんなものだったのでしょう。

「お母さんは、世界のたくさんのことを知ってほしいのです」

子どものためを想って、子どもに勉強をさせるお母さん。

大人になった時に、必要な知識といらなかった情報とを整理できるので、まずはたくさん吸収することが大切なのですね。

もちろん、羽生さんの答えは考えかたの1つ。

ここから、子どもがさらに考えを深めていけるといいですね。

たくさんの著名人が参加した1冊

本書には羽生さんだけでなく、以下の著名人の解答例が載っています。

【問いかけ一覧&参加著名人】

・「たべもの」について:平松 洋子さん(エッセイスト)

・「うそ」について:谷川 俊太郎さん(詩人)

・「びょうどう」について:那須 正幹さん(児童文学作家)

・「ゆめ」について:水谷 隼さん(卓球選手)

・「せいぎ」について:増田 ユリヤさん(ジャーナリスト)

・「いのち」について:坂東 元さん(旭山動物園園長・獣医師)

・「かぞく」について:汐見 稔幸さん(教育学者)

・「せんそう」について:池上 彰さん(ジャーナリスト)

・「べんきょう」について:羽生 善治さん(棋士)

・「らしさ」について:ミッツ・マングローブさん(歌手・タレント)

・「いじめ」について:大野 更紗さん(作家・社会学者)

・「すき」について:能町 みね子さん(エッセイスト・イラストレーター)

・「ともだち」について:尾木 直樹さん(教育評論家)

総勢13名。どんな解答を寄せたのか、とても気になりますね!

大人も改めて考えたくなる問いが詰まった1冊。

子どもとじっくり話し合うきっかけにしてはいかがでしょうか。

『答えのない道徳の問題 どう解く?』(ポプラ社)

 

文・やまざき ひろし+小学生のみんな
絵・きむら よう
絵・にさわだいら はるひと

Amazonで見る


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top