grape [グレイプ]

「妹ではなく私を召せばよかった」 小林麻耶の告白に考えさせられる

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

2017年6月にこの世を旅立った、フリーアナウンサーの小林麻央さん。

進行性のがんで闘病していた麻央さんの訃報に、多くの人から悲しむ声が上がりました。

最愛の家族の突然失った悲しみは大きな影を落とし、なかなか家族の心から消えないものです。それは、姉である小林麻耶さんも同じでした。

小林麻耶の『告白』に、生きるとは何か考えさせられる

ある日、ニュースを見ていた麻耶さんの心に深く刺さったのは、肝臓がんで闘病していた山下弘子さんの訃報。

19歳で余命半年と宣告された山下さんは、世界各国をまわったり、講演活動や書籍の出版を行ったり、いろいろなことにチャレンジしてきました。

がんを宣告されてから2018年3月に旅立つまでの5年間、山下さんが伝え続けたメッセージは『今を生きる』だったといいます。

結婚して幼い子供が2人もいる妹と独身の私。

神様がいるならば、妹ではなく、私を召せばよかったと思うのです。

小林麻耶オフィシャルブログ ーより引用

山下さんのVTRを見て、ブログで自身の気持ちを告白した麻耶さん。

きっと、麻央さんの夫である市川海老蔵さんや、長女の麗禾(れいか)ちゃん、長男の勸玄(かんげん)くんの姿を見て、何度も心を痛めていたのでしょう。

そして、悲しむ3人を見ているうちに「自分ならよかったのに」と思い詰めるようになったのかもしれません。

しかし山下さんの『今を生きる』というメッセージを見て、麻耶さんはこう思うようになったといいます。

生かされているこの命を最大限輝かすためには『今を生きる』しかないですね。

小林麻耶オフィシャルブログ ーより引用

時に自己犠牲的な考えに陥ってしまっていた麻耶さんは、山下さんのメッセージによって前向きになることができたようです。

「いまを生きるしかない」という言葉は、自己犠牲的な考えをやめる決意表明のようにも感じられます。

麻耶さんの思いをつづった投稿に、400件以上のコメントが寄せられました。

・麻央さんの命も、麻耶さんの命も同じ重みです。「代わりに」なんて考えないでください。

・『今を生きる』…素晴らしい言葉です。自分も、今日からはしっかり頑張って生きようと思います。

・麻耶さん大丈夫ですか?つらい時はゆっくり休んでくださいね!

・人が生かされているのには意味があると思います。命ある限り、歩き続けたいです。

確かに、麻央さんの旅立ちによって海老蔵さんや麗禾ちゃん、勸玄くんはつらい思いをしました。

ですが、もし麻耶さんが『代わり』になったとしても、残された麻央さんや周囲の人は悲しんだことでしょう。

尊い命に『代わり』はないこと。そして、生きているということは何か意味があること…そのことに気付かされます。


[文・構成/grape編集部]

出典
小林麻耶オフィシャルブログ

Share Tweet LINE