grape [グレイプ]

子猫の里親に拒否された…原因にショックを受ける『不良がネコに助けられてく話』

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

漫画家の常喜寝太郎(@TaketoraTsuneki)さんによる『不良がネコに助けられてく話』の第5話をご紹介します。

お世辞にも素行がいいとはいえないタカシは、いわゆる不良。バイトの面接を受けるも、面接官を粗暴な言葉遣いや振る舞いでおびえさせ、落ちてばかりです。

しかし、2匹の子猫を拾ったことで、タカシの何かが変わり始めます。

第3、4話では、子猫たちを病院へ連れて行った後、里親探しを始めたタカシ。

第5話は、里親予定の人へ子猫たちを引き渡そうとした場面から始まります。迎えに来た女性は、なぜか直前になって受け取りを拒否。

理由を尋ねると…。

見た目で判断されてから

自分の見た目のせいで、子猫の受け取りを拒否されてしまったタカシ。

怒りながらも、子猫たちのために黒髪のカツラを被ることも考えました。しかし、タカシの姿が変わっても逃げださない子猫たちの様子を見て、「人を見た目で判断しないことの大切さ」を知ります。

よく考えると、子猫たちは人間以上に自分の姿を変えることはできません。

そこから、タカシはツイッター上に「子猫たちのいいところ」を投稿し始めます。「容姿が変えられないなら、いいところをたくさんアピールすればいい」と気が付いたのでしょう。

同時に、自分自身にも火が付いたタカシ。見た目に負けないようにする術を知って、また1つ成長しました。

子猫の里親探しを通して、タカシはまだ学ぶことがあるでしょう。続きが楽しみですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@TaketoraTsuneki

Share Tweet LINE コメント

page
top