grape [グレイプ]

「秒速で土下座ですね」 先生が破いてしまった絵の主が後の有名漫画家に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

元教師だった、それす(@kurukururun888)さんの父。

40~50年前、休み時間に生徒とふざけて遊んでいる時に、教え子の描いた絵を破ってしまったことがあるといいます。

子どもの絵を破ってしまったという父に、それすさんは「なんということを」とお説教したそうですが、その相手を知ってさらに申し訳ない気持ちが爆発したそうです。

その絵を描いた子どもとは…。

なんと、それすさんの父が破いてしまったのは、『ジョジョの奇妙な冒険』などの大人気漫画を描いている、荒木飛呂彦先生の絵だったのです!

あまりのビッグネームに、ネット上では驚きの声が上がりました。

・オチを読んで「強烈!!」と叫んでしまいました。

・相手が意外すぎて、びっくりしてしまった。

・まさか荒木先生の絵だったとは…。秒速で土下座ですね。

ちなみに数年前、父が同窓会で荒木先生に直接その時のことを謝罪すると「も~大丈夫ですから先生」と笑って許してくれたといいます。

とはいえ、それすさんは絵を破いてしまっていた父以上に、心の底から「申し訳ございません」と謝罪する気持ちでいっぱいなのだそうです。

学校の行事で使うベニヤ板に貼られていたという荒木先生の絵。行事にかかわる絵だったそうですが、一体どのような絵だったのかが気になりますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@kurukururun888

Share Tweet LINE コメント

page
top