grape [グレイプ]

まるで先生が2人いるみたい? 授業のアシスタントをするAIが有能すぎる

By - 土屋 夏彦  作成:  更新:

Share Tweet LINE

ニッポン放送で「タモリのオールナイトニッポン」などのディレクターなどを務め、現在はBayFMでITコメンテーターとしても出演中の土屋夏彦が、最近のIT・科学・経済のニュースを独自の目線で切り取ります。

もうノートはいらない?先生の声がテキストデータ化できる黒板が登場!

黒板メーカーの株式会社サカワが、音声認識技術と人工知能(AI)を組み合わせた授業AIアシスタント『Josyu(ジョシュ)』を開発したと発表がありました。

『Josyu』は、パソコンの音声入力機能を使って、授業で発せられる先生の声をリアルタイムに解析し、自動でテキスト化してくれるシステム。テキストはデータとして保存され、そのデータを元に、単語の出現率から自動的に重要な語句の抽出や、関連する単語の画像も表示してくれます。

『Josyu』のホームページによれば、

学校の授業では毎日「声」という「データ」が発せられています。その「声」を収集して、教材にすれば、これからの授業が変わるかもしれない。

「声」から得られる「データ」は、リアルタイムに人工知能で解析され、ある時は、子供たちと授業の振り返りをしたり、ある時は知らない街の先生からノウハウをもらい、またある時は、世界と繋がるきっかけになるかもしれない。

今まで見過ごしていたものを残していくことで、それがみんなの財産となる。そんな思いからジョシュは生まれました。

授業AIアシスタント「JOSYU」 ウェブサイト ーより引用

とあります。

機能としては4通り。まずはさきほども紹介した『音声認識』による、授業中の先生の声をリアルタイムに自動テキスト化。ここから単語を抽出したり、授業後の振り返りやプリントとして活用が可能です。

続いて言葉から抽出した単語を、その出現回数や、前後の文章との関連などから人工知能が解析し、重要な単語を自動で抽出。抽出された単語は自動でランキング化。

そして3番目の機能は、抽出された単語に関連する別の単語や、その単語に関連する画像を人工知能がレコメンド。関連頻度は機械学習によって調整され、利用者が増えるにつれ『使える単語・画像』の予測表示の精度が向上されるそうです。

そして4番目の機能としては、テキスト化された音声データから、人工知能(AI)が授業の中の重要単語周辺の文章を自動でピックアップしてまとめプリントを生成する機能。これを使えば、重要単語を虫食いにするだけでテスト問題をあっという間に作成することも可能になるということです。

こうした機能を組み合わせることで、例えば『Josyu』が動くパソコンをプロジェクタと接続して黒板に映し出せば、授業中の先生がしゃべるリアルタイム動画にまるでテロップが付いているような映像を映し出すことができます。さらには先生が重要だと思う言葉について声を大きくすると、文字も大きく表示されるなどのアニメーション効果もつけることなども準備中とのこと。

そのほか重要語句を中心に先生の講義内容の要点を自動でまとめられる機能では、ノートを写すのに精一杯になり理解が浅くなるといったことも防ぐことができるかもしれません。さらには、保存した講義テキストを使って自動で重要語句を覚えやすい歌にしてくれる機能をつけてみようとか、自動で漫画にしてくれる機能なども開発してみたいと株式会社サカワの担当者は話しているそうです。

現在ホームページで『α版無料体験申込』として学校関係者・教育関係者の方々をはじめ、α版無料体験に参加して、一緒に『Josyu』を進化させてみたい人を受付中だそうです。これを使って授業をしてみたいという人はいまからでも申し込むことができるということです。

我々は「ノートに文字を書くから頭に入る、覚える」という学習を長年やってきたわけですが、もしかすると新たな学習方法がこれから始まるのかもしれません。


[文・構成 土屋夏彦]

土屋夏彦

上智大学理工学部電気電子工学科卒業。 1980年ニッポン放送入社。「三宅裕司のヤングパラダイス」「タモリのオールナイトニッポン」などのディレクターを務める傍ら、「十回クイズ」「恐怖のやっちゃん」「究極の選択」などベストセラーも生み出す。2002年ソニーコミュニケーションネットワーク(現ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社)に転職。コンテンツ担当ジェネラルプロデューサーとして衛星放送 「ソネットチャンネル749」(現アジアドラマチックTV★So-net)で韓国ドラマブームを仕掛け、オンライン育成キャラ「Livly Island」では日本初の女性向けオンラインで100万人突破、2010年以降はエグゼクティブプロデューサー・リサーチャーとして新規事業調査を中心に活動。2015年早期退職を機にフリーランス。記事を寄稿する傍ら、BayFMでITコメンテーターとしても出演中、ラジオに22年、ネットに10年以上、ソーシャルメディア作りに携わるメディアクリエイター。

出典
【プレスリリース】人工知能(AI)で授業中の先生の声を保存・コンテンツ化!授業AIアシスタント「Josyu(ジョシュ)」 のα版公開。無料体験&モデル校を募集授業AIアシスタント「JOSYU」

Share Tweet LINE