grape [グレイプ]

ガンになった保護犬 「苦しいばかりだ」と獣医師から言われていたが

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

おおがきなこ(kinakonoe)さんが、一緒に暮らしていた保護犬・オカメちゃんの最期に思ったことを漫画に描きました。

オカメちゃんの幸運

オカメちゃんは保護される前、劣悪な環境の繁殖所にいました。

子犬を産む『繁殖犬』にされそうだったのですが、オカメちゃんはある幸運によってその役目を免れます。

子犬をたくさん産むように強制されていたら、オカメちゃんの体はよりダメージを受けていたことでしょう。

繁殖所という環境の中では、オカメちゃんの『不妊体質』は幸運だったのかもしれません。

おおがさんに引き取られて、ようやく平穏な暮らしを手に入れたオカメちゃん。6年間おおがさんからの愛情を受けて、幸せに暮らしました。

ですがオカメちゃんは、その後ガンに体をむしばまれてしまいます。

最期は、とても苦しむはずだった

出典
kinakonoe

Share Tweet LINE コメント

page
top